最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【ネタバレ】212話の感想!

投稿日:

第211話 物間は心操に「体育祭で緑谷くんを洗脳した時、どうやって口を開かせたの?」と聞きます。物間と心操の個性は事件、事故、災害などで最前線で活動できる個性ではないという共通点、そして「その個性じゃスーパーヒーローになれないね」と言われてきた2人。「僕らはヒーローになる為にヒーローらしからぬ立ち回りをしなきゃならない。でなきゃ"なんでも出来る"力には敵わない。憧れとは似ても似つかない。」と自分や心操の個性は王道の戦闘向きの個性ではなく、誰かを欺いたりして使う個性であることを言っています。緑谷のワン・フォー・オールの異変に物間は「まーた知らない力(成長)か、嫌になる!」と緑谷の新しい技だと思っている物間。戦っている相手も、観戦しているみんなも緑谷の個性が暴走しているとは思っていませんでした。黒い禍々しい物が緑谷の右手から出ていたのです。緑谷は「力が抑えられない」と悶えなんとかしようとします。しかし、右手から出る黒い物は一向に静まる気配はありません。ここにきてオールマイトが異変に気づいたオールマイトが「止めた方がいい、おかしいぞ!!」と相澤先生に言いました。そしてメンバーの麗日も異変に気づきます。暴走した黒い物に引っ張られ振り回される緑谷の姿を見つけたのです。「止まれ、ワン・フォー・オール!!」「何だよ痛い、痛い、痛い何で!!」「止まれ。止まれ。」と緑谷も一生懸命抗います。憧れのオールマイトから貰った力、わからなくて怪我しながらもやっと自分のモノになってきた力が緑谷を苦しめます。そんな緑谷のもとに麗日が飛び込み一緒に押さえ込みます。そしてこの状況で素早く仲間を助けようとする姿はとてもカッコいいですね!麗日はこの事態を見ていた心操に呼びかけます。どうやら麗日には緑谷を止めれる対処法を思いついたのかもしれません。心操の個性が人を救うことができるかもしれません。麗日と心操は緑谷の暴走を止めることができるのでしょうか。

僕のヒーローアカデミア【ネタバレ】212話

第212話は麗日の幼少期の話から始まります。「両親はいつも疲れた顔をしていて、それが辛かった。はじめてヒーロー活動を見にした時は、活動よりも周りの人々の表情に目が行きました。そして人の喜ぶ顔が好きだった。だから困っている人を助けることは当たり前だった。」と麗日がヒーローを目指すきっかけが描かれています。そして幼少期の麗日がとても可愛い!!麗日はヒーローを目指す理由を聞かれたとき、お金の為とか親を楽にさせたいからなと言っていました。もちろんそれもちゃんとした理由だろうが、一番の理由はこの「人の喜ぶ顔が好き」ってのだと思います。そして、次に麗日は思うのです。「ヒーローが辛い時、誰がヒーローを守ってあげられるだろう。」と麗日は一生懸命頑張る緑谷を見ていて思ったのです。そんな麗日の思いとは裏腹に緑谷のワン・フォー・オールの暴走は止まらず、緑谷を苦しめます。麗日は「デクくん、落ちつけ!!」と暴走を止めようとします。しかし、緑谷は「止めっ、、、られ、ない!」と緑谷の意思ではどうすることもできない様子。麗日は心操に「デクくん止めてあげて!!」といいます。心操も「緑谷に洗脳を!何か!!何を問う」と一生懸命考えます。そして出た言葉が「俺と戦おうぜ」でした。しっかりとマスクをはずし、自分の声で緑谷問いかけます。緑谷も心操の問いかけに苦しみながらも「応!!」と返事をします。心操の洗脳のお陰で緑谷のワン・フォー・オールの暴走が止まり、黒い禍々しいものは緑谷の腕に戻っていきます。そして緑谷の意識の中へと変わります。突然、「おめェェなアアア!!!」との声がします。その声の主は先代継承者の一人でした。黒いモヤのなかからファンキーでムキムキな坊主の男の人!!その人は緑谷に「違うんだよ、違う!言ったさ!?確かに「1人じゃない」ってさ!?時満ちたさ!?発言したさ!?でもさ!?」といきなり怒鳴りはじめます。そしと今度は「その力はもう!雑念マシマシで使っていいモノじゃァなくなっている」と深刻そうな感じで話しだします。しかし最後は「頑張りなさいよ!!」とオネェ口調になって応援されました笑笑緑谷の暴走がおさまってよかったけど、あの坊主人はなんだったんでしょうか笑次回が楽しみです!!

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.