最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

ぼくたちは勉強ができない【ネタバレ】問105.「乙女の招きはたまさかに[x]の鏡鑑となる」感想! 〜人魚の戯れ〜

投稿日:

今週の姫は、うるか姫です。

今週は、成幸君のお父さんのことが語られる回。必見です。

ぼくたちは勉強ができない【ネタバレ】問105.「乙女の招きはたまさかに[x]の鏡鑑となる」感想! 〜人魚の戯れ〜

自宅にて

ただいまー、と成幸君が唯我家に帰宅します。

お母さんは、「今日もずいぶん遅かったわね 勉強もほどほどにしなさいよ」と優しく迎え入れます。それに対し、バイトだった、ってことを言おうとして止める成幸君。

気を使っています。そう、成幸君は、VIP推薦を蹴って、自分の行きたい道を目指したのです。先輩からの、「引け目なんて感じる必要ねーぞ」と言う言葉を思い出し、思い切って切り出そうとする成幸君。しかしながら、弟ちゃん妹ちゃんから話しかけられて、言い出しにくくなってしまいました。。

そんなお兄ちゃんを見て、妹・ミズキちゃんはなんとなく心配そうに見ています。

うるかちゃんの特別顧問

次の場面は、中学の室内プール。うるかちゃんが、久々の特別顧問として、中学の水泳部に訪問しています。うるか姫、お手本の泳ぎをしますが、早すぎて全然参考にならない様子、、、「うん まぁこんな感じ!!」と、君はナ○シマさんですか(笑)?

それをキラキラした羨望の眼差しで見ている子が。それは、成幸君の妹のミズキちゃん。中学水泳部の部長さんです!昔っから、うるか姫の大ファンだそう。

続いて、うるか姫のストレッチを手伝うミズキちゃん。忙しい時期来てくれたことを感謝していますが、うるか姫は「ベンキョーばっかじゃ体がうずいて死んじゃうもん」と答えます。いい関係ですね。

そしたら、ミズキちゃんは、うるか姫に、学校でのお兄ちゃんの様子を聞きます。

ここのところ帰りも遅いし 毎日へろへろで少し心配で…

それは、、と、うるか姫が答えようとすると、ミズキちゃんは、悪い虫(お兄ちゃんにつきまとう女の意)の仕業に違いない、と青筋張っています(笑)妹ちゃんは、うるか姫推しなので、文乃っちやリズりんなどを「悪い虫」扱いしちゃっているのです。

そして、「武元先輩だけは味方ですよねっ!!一緒にお兄ちゃんを守りましょうねっっ!!」と言い、同意を取り付けます(笑)

そんなミズキちゃんに、ホント兄想いのいい妹ちゃんだなぁ、とうるか心の声。

ついでうるか姫、ミズキちゃんに「こんなことこ聞いちゃっていいかわからないんだけど…」と切り出します。

武元家にて

続いての場面は、うるか姫のお家!うるか姫の手料理(餃子ね)を出された成幸君。その美味しさに感動し、「うっま!!やっぱうるかめちゃくちゃ料理うまいな!!」と褒めちぎります。にんにく沢山で、精力が付くようです。いっぱい作ったから、妹ちゃんたちにも持って帰って、と神のような対応!!

家で勉強を見てくれなんて珍しいな、と成幸君。両親がいないの忘れて作りすぎて、食べてくれて助かる、とうるか姫。え、、、二人っきり…?

精力、、、と考えると、変な方向に考えがいく、成幸君(笑)すると、うるか姫、成幸君の真横に来て、スマホで動画を一緒に見ようとします。近い近い!!!

席に戻って勉強!とごまかす成幸君。ちぇーと言ううるか姫。可愛らしいやりとり。

すると、成幸君、おこたの中で、足を触られている感じが、、、エローい!!!

気のせい、と最初思っていましたが、両足で挟まれたので、気のせいじゃないと確信。

う、うるか…お前、何…を…

と言うと、まさかの足での足ツボマッサージ発動!その名も

秘技!!!足TO足ツボマッサージ!!

かなり痛がっている成幸君。どうよ!と聞くうるか姫に、いったい何がしたいのお前!?と返す成幸君(笑)

で、真相。妹ちゃんに、成幸君が毎日へろへろって聞いて、元気付けようとしたようです。なーんだ、めっちゃいい子ですなぁ。でも、紛らわしいよね、うん(笑)

でも、心配してくれて ありがとな

とお礼をいう成幸君。それに対し、徐に

あのさ成幸 家族としっかり話した?進路のこと

と聞きます。お金のことを自分でどうにかしようとしてバイトしまくっている成幸君を諌めます。もじもじな成幸君、代わりにうるか姫に、留学の件どういう風に親に伝えたの?と聞きます。すると、うるか姫は、スライディング土下座でお願いしたそう(笑)。うるか姫らしいですなぁ。。

そして、うるか姫は、

ヨノナカってさー 子供の力だけじゃ「できない」ことでいっぱいじゃん

だからこそ ちゃんと大人にたよって感謝して 死ぬほど感謝して あとで倍返すっきゃないっしょ!

と、素敵な笑顔で伝えます。

成幸君、グッときています。そして、

お父さんみたいな教育者になりたいんでしょ?

と伝えます。

なんで親父のことを?と聞き返します。ミズキちゃんに聞いたそう。成幸君が言っていた、「ある人がそうしてくれたように人に寄り添って教えられるような教育者を目指したい」とは、親父さんをさしていたんですね。

うるか姫、成幸君の手をぎゅっと握ります。そして、

家族を大切にする成幸はスキだけど ちゃんと幸せになるためにちゃんと周りを頼ってよ成幸を助けたい人 いっぱいいるんだから!あたしがホショーする!

と伝えます。うるかちゃん、いい子だぁーーー成幸君、さらにグッときます。

うん、うんと言っていると、うるかちゃんが「いざとなったらあたしが稼ぐしッ!!」とどさくさに紛れて叫びます。言ったそばから真っ赤になるうるか姫。恥ずかしさを紛らわすために、再度足ツボマッサージを再開(笑)

風呂から出てきたのは

成幸君、自宅に帰ります。手をグッと握り、「ありがとうな、うるか」と心でつぶやきます。そして、思い切って「母さん!実は話が…」とドアを開けます。

が、誰もおらず、、一人でいると、自分のニンニク臭が気になります。歯を磨きに洗面所に行くと、、、

桐須先生がバスタオル姿でそこに!!!

なにゆえ〜

先ほどうるか姫に見せられた動画のセリフを使っちゃいました(笑)

今週はそこで終了!

感想

うるか姫に背中を押され、自分の気持ちに正直に、大人に頼ることを決心した成幸君。姫たちと成幸君とは、お互いにお互いをフォロし、成長させあっていますね。

で、何故先生は唯我家でお風呂に入っていたのでしょう??気になりますねーーーそして、先生の先生って、成幸君の親父さん??ですかねーー?

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.