最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ランウェイで笑って【ネタバレ】57話「スルーザファイアー」感想!

投稿日:

ランウェイで笑って56話のあらすじ

ランウェイで笑って【ネタバレ】一覧

予選を勝ち抜き、芸華祭ファッションショー本選への出場を決めた育人。

様々な困難に直面しながらも、どうにか準備を間に合わせることが出来ました。

準備を終えたライバル達が会場に集まり、ついに芸華祭ファッションショーが始まりました。

ですが審査員達の目は厳しく、いまいち評価の伸び悩むショーが続きます。

中には眠くなり始める観客も出始めました。

そんな中、育人を敵視するライバルであり本命でもある木崎香留のショーが始まりました。

[st_af id="678"]

ランウェイで笑って57話ネタバレ

木崎香留のショーが始まりました。

まず登場したのは着物姿のモデル。

これまでとは違う衣装に、審査員の目の色が変わります。

「いいね、尖ってるね。レザーで『和』。服飾科2年、木崎香留」

木崎は舞台裏で指示を出しています。

指示出しながら思い出すのは、柳田さんのショーにフィッターとして初めて参加した日の出来事でした。

『倒れた? 柳田さんのとこのスタッフ?』

『待ってこれ、マズいんじゃないの』

『柳田さんのとこ、縫えるスタッフ、もう残ってない!』

『えっ? 代わりの人いないの?』

あの日、柳田さんのスタッフが一人、倒れてしまいました。

木崎は手を上げようとするも、手が震えてしまいます。

そんな時、声がしました。

『僕が……やります』

木崎の代わりに手を挙げたのは、柳田さんのスタッフとしてその場にいた育人でした。

二着目はレザー素材で柄物の着物を身につけたモデルが現れます。

二着目の衣装にも審査員の目は釘付けです。

「次は柄物」

「革に柄を入れるのは相当、技術がいる」

「オーソドックスな着物が一着目。二着目はそれに柄を入れただけなのに」

「レザーというだけで掴みとしてはかなり興味深い」

審査員だけでなく、観客の目も釘付けです。

育人の母親の友人と一緒に座っている記者さんは、思わず声を漏らしました。

「赤い……」

「確かに赤い着物ですけど、どうかしたんですか?」

「個人的事情なんですけど、初めて見たコレクションが真っ赤なコレクションだったんで……個人的にすごく印象深くって」

記者さんは過去に見たコレクションと目の前のショーを重ね合わせます。

木崎のショーは続きます。

「はやくモデルこっちに回して」

「一着目とは違うウォーキングだから修正して」

「足の露出分、歩幅広めに」

木崎は裏でモデルに指示を出していました。

三着目からは一気に流れが変わりました。

露出が増えて煌びやかになります。

その変化もまた、審査員の目を惹きつけます。

「四着目は革ジャケットのハードな花魁風」

「五着目は要所要所に革と柄を使ったタイトな――」

「へぇ、コンセプト魅せれる子がいるのね」

五着目の衣装の時でした。

観客や審査員の目に、衣装の裾がチリチリと静かに燃えているように映ります。

それは、木崎のショーのコンセプトでした。

「レザーで和」はあくまで土台。

十数着ある衣装にどんな表現を連ねていくか。

それは赤く、静かに静かに揺らぐ、火でした。

審査員の期待はトリの服へと移っていきます。

「起こした火をどんな火にするの?」

「激しい炎なのか、優しい灯火なのか」

「決めるのはトリの服」

「トリの服が変われば、それまでの全ての服の解釈も変わってくる」

「さぁ、ショー全体のイメージを左右する勝負の服」

「貴方は何を魅せてくれるの?」

審査員である絹の目が一段と厳しく光りました。

木崎はショーを行いながらも、柳田さんのコレクションに参加した日に思いを馳せていました。

「あの日、都村育人は柳田一のショーを台無しにした」

木崎の視線が、裏で最終調整行う育人の姿を捉えます。

「都村さん、二番の服の着付け確認してもらってもいいですか?」

育人は木崎の方を見る余裕もありません。

そんな育人に、いつかよ柳田さんのコレクションに参加した時な感情が蘇ります。

「元々トリの服はあんな……形を変えるド派手な服じゃなかった」

「もっと優雅で、儚げな服」

「なんなんだ、あの服は!?」

「『HAZIME YANAGIDA』がやりたかったコンセプトはあんなんじゃなかった」

「なんであのチビモデルが来た!?」

「なんでチビに服を合わせた!?」

「なんで……私はあの時、手を挙げなかった」

一次予選の時、木崎は龍之介に問われました。

「都村育人の何がそんなに気に入らないわけ?」

その本当の答えは、木崎の中に眠ったまま。

「一さんのコレクションを台無しにしたから?」

「違う」

「一さんのコレクションを別物にしちゃったから?」

「違う」

「ただ、私は……不甲斐なさと文句を秘めながら、あの拍手に心を奪われたんだ」

「負けたと思ったんた」

それが、育人は知らない、木崎が育人を敵視する理由でした。

ついに木崎のショー、最後の衣装がステージに現れます。

トリの服は、荒々しい炎をまとっているように見えました。

審査員の絹は木崎のコンセプトをこう解釈しました。

「随分荒々しい激情の炎」

ショーを終え、お辞儀をしながら木崎は心の中で呟きます。

「私が都村育人の何がそんなに気に入らないかって?」

「そんなの簡単よ」

「私、負けず嫌いなの」

木崎は観客からの拍手を受け、嬉しそうに笑いました。

[st_af id="680"]

ランウェイで笑って57話感想

木崎が育人をやたら意識していた理由は、作品最初の方にでてきた柳田さんのコレクションだったのですね。

あの日、スタッフが過労で倒れて、育人が千雪に合わせて服を縫い直しました。

そして確かその時のコレクションを見ていたのが、今回の話に出てきた新人記者さんです。

憧れていた柳田さんのコレクションで見た、都村育人という存在。

その悔しさをバネに、木崎は成長したようです。

まさかあの場にいたとは、夢にも思いませんでした。

そして、木崎が憧れていたデザイナーは柳田さんだったなんて……誰が予想したでしょうか?

木崎の着物がレザー素材であった事にも驚きです。

前回少しだけ見えていた煙は、木崎が魅せていたコンセプト。

本命なだけあって、やっぱり上手いですね、木崎。

[st_af id="680"]

ランウェイで笑って58話考察

次話タイトルは「勝ちも負けも」
次回はいよいよ育人のショーになります。

「メンズとウィメンズの調和」をテーマにした衣装がどうなったのか、見物です。

別の場所から見ているであろう心と綾野遠は育人のショーに何を思うのでしょうか?

木崎のショーで流れの変わった観客をどう惹きつけるのでしょうか?

是非育人には、見に来てくれた家族の前でカッコイイ姿を魅せてほしいです。

【ランウェイで笑って】が面白い!漫画村じゃない無料で読む方法!

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで2017年からスタートし、現在も連載中の漫画になります。 作者は「猪ノ谷言葉」さん 単行本も現在5巻まで出ています。 少年誌にしては珍しいファッション業界を題 ...

週刊少年マガジンの最新号を無料で読む方法!!

毎週水曜日発売の週間少年マガジン この雑誌を無料で読むことができるなんてなんと素晴らしいことでしょうか! 海賊版サイトの閉鎖が相次ぐ中、 【立ち読みはどうなんだ?】 という議論もちらほら… まあ立ち読 ...

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.