最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

ワンピース 第945話 「おリン」ネタバレ、考察

投稿日:

ワンピース 945話「おリン」のあらすじ、ネタバレです!

さっそく読んでいきましょう!

 

 

〜ワノ国「花の都」〜

 

羅刹町から離れろぉ乱闘だー‼︎

「出会え出会え〜〜‼︎康イエに味方する者も全員わしの敵じゃ‼︎ひっ捕らえて打ち首にせよ!!」オロチは花の都から逃げようとしている

「待てオロチ‼︎」

ガキィンガキィン!!

オロチを追いかけようとするゾロを、狂死郎が食い止める

「強ぇ‼︎ゾロ十郎、狂死郎親分と張り合うなんて‼︎」

(何者だこいつ)

ゾロは息切れしているのに対し、狂死郎はニヤリと笑い余裕の表情を浮かべている

どろん!!

そこにオロチお庭番衆が現れる

お庭番衆の1人が、

「誰でも構わぬ一人でいい、捕らえて拷問にかければ目的が知れる」

そう言うと、ゾロに攻撃を仕掛ける

 

一方サンジは恐竜に変身したドレークと戦っている

おトコを巻き込まないようにウソップにオトコを託す

「すまんウソ八!!」

「任しとけ‼︎恐竜に気いつけろ!!」

ウソップはオトコを抱え一目散に逃げ去る。

 

「お前が‼︎おそばマスクだな!?」ドレークの尻尾がサンジに直撃する。

「情報は入手した、まさかヴィンスモークの血筋とは」

「その名を…二度と口にするな‼︎」

と。サンジが言う

「トコが‼︎」

 

日和がさらわれたと勘違いしているようだが、ブルックが

「ご安心を‼︎トコちゃんや康イエさんを連れて行ったのは我々の仲間ですあなたも早く都から脱出を‼︎さぁ今のうちに‼︎」

ブルックが周りにいた敵たちを追い払い、そのうちに日和が逃げる

それを見ていた一人のお庭番衆が、「あの女を追え先ほどゾロ十郎と一緒にいるところを見た」

と言って、部下に命令する

 

〜ホーキンスのいる牢屋前〜

 

ホーキンスのところにはローが人質にされていた仲間たちを助けに来た

「現れると思っていたトラファルガー」

「キャプテン!!」

「もう一人…シロクマがいたはずだ…」

「貴様の能力ならすぐ外へ逃がされてしまう、人質を全員目に見える場所に置いておくのもバカな話、お前もその檻に入ってもらう」

「あぁ!?おごるな学習能力はねえのか?」

「貴様はどうだ?」

「!?」

「お前におれは倒せない」

そういうと、ホーキンスは自分の腕を切った

するとローの仲間の腕が切れる

「いてぇ!!」

ホーキンスは自分のダメージを他人に写せるワラワラの実の能力者

「……!!」

ローは何もすることができない

「おれは今四つの命を持っている

お前がおれを切れる時は…3人の部下を殺した後だ」

 

〜再びサンジサイド〜

 

キャアーー!!

サンジが女性の叫び声に反応する

日和がオロチの部下に捕まったことをサンジが気づいた

(彼女おれの助けを…)

バクン!!

助けに行こうとするが、ドレークにより邪魔される

ズバァン!

その間にゾロが助けに入った

「何追われてんだおまえっ‼︎」

「ゾロ十郎さん!ごめんなさいっ‼︎顔は隠してはずなのに」

それを見ていたサンジ

(マリモが美女と知り合い!?あの野郎俺より懸賞金低いくせにっ!!)

 

〜九里「博羅町」その外れ〜

 

ドカッ!!

 

「おいどんを落としいれようとしたんか!!頭山は燃やされたんだど!!!」

アシュラ童子が錦えもんに怒るが、イヌアラシが止めに入る

「待てアシュラ、我らが悪かった!!」

 

「その通りだ、始めから土下座もいとわず頼み込むべきだった。20年という歳月の人の心変わりも考えず…‼︎主君のためと大義名分に奢り!!時間に追われ強行な手段に出た…すまぬ‼︎アシュラ作戦はまだ生きている!!康イエ様は命を賭して敵の目を欺いてくれたのだ…!!月の刺青が流行りの模様ではないことくらい捕まった侍たちが一番よく知っている!!火祭りの夜…!!我ら鬼ヶ島へ討ち入る!!都の侍達もこれで解放されれば必ず協力してくれる!!共に戦ってはくれぬか!!アシュラ!!」

……アシュラが一口酒を飲むと

「ついてこい…見せてぇもんがある」

 

〜兎丼「囚人採掘場」〜

 

ズウウン!!ドォン!!バキバキ

採掘場にアナウンスが流れる

正面入り口の門が破壊!!第2第三ゲートも破壊し通過!!

ビッグマムーー!?

「なぜビッグマムがここにィー!!?船は沈めたと聞いてるぞおーー!!」

「えーー!!?夢でも見てんのか俺は!!!」

カイドウの部下、クイーン、ルフィの目玉が飛び出る

「お玉ちゃん早くおいでー!!おしるこの香りがするよー!!一緒に食べよー!!」

ビッグマムと一緒に来た、チョッパー、モモの助、お玉、お菊もいる

「お玉ちゃんとモモの助様はここで隠れてお待ちください」

「えーっ!?」

「う…うむ、仕方ない!!」

「当然です、モモの助様に至っては絶対に見つかってはいけない人物」

チョッパーとお菊がルフィを救出に向かう

「早くおくれ!!ここに来ればいっぱい食べれるとき聞いて遥々やってきたんだ♡」

 

「ふざけるな一体誰がそんな勝手なことを!!」

クイーンの体が変型していく

「おしるこは俺の大好物と知っての狼藉か!!?」

「おい待てお前ら!!そんなことしている間にキザ男たちが溺れ死ぬ!!あいつらをまず引きあげろ!!」ルフィが言う

キャプテンキッドと、キラーは水の中だ

「何がそんなことだ…!!おしるこは大量にあるが全て俺のもの一滴たりともやるかババア!!!」

 

クイーンがブラキオサウルスに変身した

クイーンはリュウリュウの実古代種モデルブラキオサウルスの能力者

「いいから!

おしるこを…!!

よこしなよぉ〜〜!!!」

ビッグマムが高く飛びクイーンの頭を地面に叩きつける

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.