最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊ヤングジャンプ

ゴールデンカムイ【ネタバレ】182話「私の知らない父のこと」感想!

投稿日:

亜港監獄からの脱獄を阻むのはアムールトラだった。

アムールトラはキロランケ達が作った唯一の脱出経路を完全に塞いでいた。

ソフィアの仲間達は、ソフィアだけでも先に逃がそうとするが、ソフィアはそれを拒んだ。

「舐めるんじゃないよ 子分より先に逃げ出す親分がどこにいる」

そういったソフィアは鎖一本でアムールトラに立ち向かい、仲間との協力によってアムールトラの撃退に成功する。

アムールトラの妨害を排除し、脱獄した先でソフィアとキロランケは再開する。

 

「めちゃくちゃいい女になったな」

キロランケの言葉にソフィアの返事は「張り手」であった。

 

「よくも・・・ ウイルクを・・・・」

 

ソフィアがキロランケをビンタしたところで、ゴールデンカムイ182話「私の知らない父のこと」始まります。

漫画「ゴールデンカムイ」無料で全巻!電子書籍で読めるのか!?

漫画を読むなら買いに行く手間を省いてサクッと読みたいですよね。 数年前まではブックオフで古本を探したり、ゲオでレンタルが出ていないか探したり。 単行本を実際に読んでいたんですが、今はスマホで漫画を読む ...

ゴールデンカムイ【ネタバレ】182話「私の知らない父のこと」

『黄金の張り手、その理由?』

 

ソフィアに張り手をされたキロランケは、言い返すこともなくソフィアを睨んでいる。

張り手をしたソフィアも黙り続けるキロランケになにもせず、「さあ行くよ!!」と皆に出発を促す。

一方で、囚人の集団脱獄に対して亜港監獄の看守達も銃を手に囚人達を追いかけていく。

「いたぞッ あそこだ!!」

 

看守達が銃を向けた先にいたのは、ニヴフ民族の漁師だった。

看守達はニヴフしかいないと判断し、町の方へ逃げた囚人を追うことにするが、ニヴフの漁師の中にはニヴフ民族の服を着たソフィア達がいた。

 

「上手くいった!! 誰も追ってこねえ!!」

そういった白石によると、ニヴフ民族に紛れるために、脱獄決行の時間を漁師の多い明け方にしたとのこと。

 

「私の父のことを教えてほしい ソフィアしか知らないアチャのことを」

 

アシリパがソフィアに問うと、「彼は純粋で美しかった」とソフィアは話はじめる。

 

ソフィアは昔、豪華な家に住み、綺麗な服を着て育ったという。

本人いわく、都会のことしかわからないお嬢様だったとか。

革命運動を通じて、ウイルクとキロランケに出会い、ソフィアが知らない、いろいろなことを教えてくれたそうだ。

「コケモモの塩漬け」、「樺太アイヌの犬そり」、「ウイルタのトナカイの骨占い」、「ニヴフのアザラシや魚の皮で作った服」

「極東に住む少数民族たちの生活」

 

ウイルクはソフィアに少数民族の生活や言葉、信じている神について教えると同時に、それらは戦って守らないと消えてしまうと話していた。

 

「生まれてくる子供達は言葉も神様も忘れてしまうだろう」

そういったウイルクはアメリカの先住民がどうして白人に負けたのかと自身の考えを述べる。

 

「各部族が対立して殺し合っていたからだ、日本の北海道にも樺太アイヌによく似た文化を持つ民族がいるのだそうだ」

「それぞれの民族は少ないが、協力し合えばきっと・・・」

「樺太・北海道を含めた極東連邦国家を作ればいい」

 

ソフィアから伝えられたウイルクの言葉の大きさに、白石も「ハハ・・・ でっかいな」と軽く引いている様子。

 

 

 

『山猫は音を識る。』

 

亜港監獄の脱獄騒動を離れたところから目撃していた、杉元たちが監獄についた頃には、囚人が脱獄した後だった。

「キロランケが爆破して囚人を逃がしたんだ」

「一歩遅かったが奴らは近いぞ」

 

アシリパ達の近くまで来ていることを核心した一行は、リュウにアシリパのマキリ(小刀)の匂いをかがせる。

匂いをかいだリュウが流氷を見つめてそわそわしていると、鯉登は「おいおい・・・ 流氷の上を逃げたというのじゃ なかろうな?」とリュウを疑う。

 

「リュウがあっちと言うなら俺は信じるぜ」

 

そういったのは杉元だった。

 

そんな時、チカパシとエノノカが驚いたのか大きな声を上げる。

谷垣が二人の方向を見るとそこには「アムールトラ」がいた。

突然のトラの出現にマタギの谷垣も驚いたらしく、驚いた拍子に上着のボタンがはじけている。

 

アムールトラの出現に驚きながらも、月島が一発、谷垣も一発を発砲するが、アムールトラに逃げられてしまう。

 

流氷の上でその銃声を尾形が聞いていた。

「古い銃で使われるような黒色火薬の間延びした銃声・・・」

「まさかな・・・・」

 

尾形に銃声が聞かれたところで今回はここまで!

 

ゴールデンカムイ183話の考察

『次回183話はどうなるのか?』

アシリパ達まであと少しの距離まで来ている杉元たち。

リュウの働きによって流氷をわたって追いかけることができそうですね。

一方の流氷を渡っている尾形が銃声を聞いただけで、なにか疑いはじめた様子。

次の183話でついに杉元達は追いつくことができるのでしょうか?

 

次回も見逃せませんね!

漫画「ゴールデンカムイ」無料で全巻!電子書籍で読めるのか!?

漫画を読むなら買いに行く手間を省いてサクッと読みたいですよね。 数年前まではブックオフで古本を探したり、ゲオでレンタルが出ていないか探したり。 単行本を実際に読んでいたんですが、今はスマホで漫画を読む ...

スポンサーリンク

-週刊ヤングジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.