最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

無料読み

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2巻のネタバレあらすじ

投稿日:

今回はダンまち2巻を読んでです。

ダンまち最新刊10巻を無料読み!漫画村・zip・rarなし!

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の最新刊10巻が2018/06/25に発売されました! この作品は、ライトノベル小説が原作となった漫画で、2013年から連載が開始され、2018年 ...

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2巻のネタバレあらすじ

1巻最後で何かを画策していたフレイヤ 。ベルの「困った顔、泣く顔、ベルの勇姿」が見たいが為にモンスターをベルとヘスティアにけしかける。
逃げたモンスターは全て11階層以上のダンジョンに出現するモンスターばかり。5階層で死にかけたベルに太刀打ちできる相手ではないと、西エリアにいるエレナはベルが避難するよう心の中で祈った。

ヘスティアに狙いを定めたモンスター達に果敢にベルは挑んでいく。
倒しきれないと、ベルはヘスティアの手をひいて逃げる。
だが、2人が逃げ込んだ先はオラリオに存在するもう一つの迷宮「ダイダロス通り」。
度重なる区画整理で秩序が狂った広域住宅街―この複雑怪奇な領域は一度迷いこめば、二度と出てこれないと言われている。
進みたくはないが、進むしかない状況に陥っているベルとヘスティアはダイダロス通りを駆け抜けていく。
振り切ったと思われたモンスターは容赦なく2人を追いかけ、追いついてきた。
逃げだしたい…怖い…とモンスターに怯むベル。だが、ヘスティアを助けるため自分に言いきかせ、モンスターに挑んでいく。
「行けよ!女の子を置いて―逃げるな!」
と言い聞かせて。
モンスターに果敢に挑んでいくも、モンスターに押され続ける。弱い自分に悔しさを覚える。

逃げる中でヘスティアさえ、助かってくれればいいとヘスティアをモンスターの手が届かない檻の中にかくまう。
「僕はもう家族を失いたくない」と、ベルはヘスティアに言う。
オラリオに来る前…ヘスティアに出会う前ベルは祖父をモンスターに殺害される。
祖父を失ったことによる喪失感、家族に飢える気持ち、空っぽになってしまった胸の痛み―運命の出会いを求めてオラリオにやってきた。
ベルはヘスティアに期待していた。ヘスティアが与えてくれるファミリアという家族の絆に…。

ヘスティアに逃げるように言い、自分はモンスターを引きつけダイダロスと通りの奥に進んで行く。
容赦なく追いかけ攻撃してくるモンスター―ベルは必死に死にたくないと思う中でアイズに助けられた時のことを思い出していた。もう死んでもいいと思ったときに、ヘスティアが来てしまう。
ヘスティアはベルにモンスターを倒させるため、その場でステイタス更新をしヘファイストスに頼み込んで作ってもらったナイフをベルに手渡す。
神のナイフ…ヘスティアは神聖文字を刻み、その通りにステイタスが発生する。ヘスティアの恩恵を受けたもののみが使用できる武器。ベルと共に成長し強化される武器なのである。

モンスターに向かっていくベル―エレナの言葉を思い出していた。
「どんなに強いモンスターでも、モンスターである限り回避できない弱点をもっている。そこを突かれたらたとえドラゴンでも倒せる。たった一撃、相手の皮膚を貫けるなら理論上あらゆるモンスターを倒すことが可能になる。どんなモンスターも隠し持っている魔石を」

ベルはその一点を狙い、全力でナイフをねじ込みモンスターを倒すことに成功するが、ヘスティアが倒れてしまう。

そんな一連の騒動を高みの見物でみていたフレイヤは「かっこ良かったわ。また遊びましょう」と不敵な笑みを浮かべ囁くのだった。

そのころ他の逃げ出したモンスターをロキとアイズが倒し終えていた。
東のメインストリートで、ベルがモンスターを倒したと聞きアイズは「おめでとう」と囁く。

倒れたヘスティアをベルは、シルのところに連れていく。モンスターに襲われたのかと思われていたヘスティアだったが、実はヘファイストスのところで頼み込むために強行した土下座30時間耐久レースのせいの過労であった(>_<)

ヘスティアの土下座がヘファイストスに頼みベルの為にナイフを作ってもらいことだと知り、ベルは涙を浮かべヘスティアに抱きつくのであった。

【これでボク達は相思相愛だ】と勘違いするヘスティアが寝ているうちに、ベルはナイフを持ってダンジョンに出かけていく。

ダンジョン7階層を進んでいることをギルドでエレナに話す。が…エレナに怒られてしまう。
「5階層からはダンジョンの傾向は様変わりし、ぐっど難易度が増す。冒険者になって半月程度の未熟な新人には自殺行為」危機感が足りない、絶対に足りないとエレナが騒ぐ中、ベルはエレナに成長しステイタスがEまで上がったと話す。

通常だと半月でHが妥当。Gで出来すぎなうえにF以上は早すぎると、ベルの能力向上を信じられず背中のステイタスを見たいとベルにお願いする。

ステイタスは神以外の者に見せてはいけない。
だがエレナの必死な頼み込みに断ることのできないベルはエレナに見せてしまうのだ。

エレナはベルの背中を見て、急速な成長に驚く。
そして7階層でも問題なくモンスターと渡り合えると判断する。…も、防具が貧相過ぎて心配になるのである。

翌日エレナはベルを誘い、ヘファイストスのテナントに防具を見に行く。
その行きの道すがら、小さな体で大きな荷物を運ぶサポーターを見かける。

ヘファイストスのテナントで武器の値段をみて驚くベルは、ヘスティアにもらったナイフが一体いくらになるのかと考えこんでいたところに、メイド姿で売り子をしているヘスティアが現れたのだった。

ダンまち最新刊10巻を無料読み!漫画村・zip・rarなし!

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の最新刊10巻が2018/06/25に発売されました! この作品は、ライトノベル小説が原作となった漫画で、2013年から連載が開始され、2018年 ...

スポンサーリンク

-無料読み
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.