最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ドメスティックな彼女【ネタバレ】212話「宣戦布告」感想!

投稿日:

桃源先生と親子であることを知った華先輩。

意を決して会いに行った病院で、消えてしまった桃源。

一体どこに――。

ドメスティックな彼女【ネタバレ】212話「宣戦布告」

 

突然姿を消した桃源。

看護師によると、朝の回診はうけており、検査の時間で呼びにきたら荷物も全てなくなっていたという。

夏生から桃源は少し体調を崩しているだけと聞いていた華は、この騒ぎを不思議に思う。

戸惑う華に、桃源には癌の疑いがあり検査と治療が必要であることを、夏生が告げる。

二人は心当たりをとりあえず捜そうと病院から出て行くのだった。

 

 

桃源の家に着いた二人。

いつものように鍵は開いているが、返事はない。

何か手がかりを捜そうと家の中へ入る二人。

初めて桃源の家に入り、本で埋め尽くされる部屋に驚く華。

「ほえ~ 夢の部屋・・・!」

と思わずつぶやく。

夏生は部屋に置かれた、今日の日付と取材先が書かれた桃源のメモを見つける。

桃源はこの取材に行ったのかもしれない・・・

「クソ・・・! こんな時まで仕事って 本気で死ぬつもりなのかよ・・・!」

少しいらだったような夏生の様子に

「先生そんなに体悪いの?」と華。

そして、桃源が手術を受けないつもりだと夏生から聞かされた華は、桃源のメモを手に取り走り出す。

「これ手掛かりに捜してみよ! 順番に当たっていけば会えるかも! どうしても言いたいことがある!」

 

 

 

桃源が取材を終え歩いている。

ふと一服しようと、タバコを取り出し火を近づける。

その時――。

「ダメーーーーーーーーーーー!!!」

華がすごい勢いで、桃源のタバコを払いのける。

あっけにとられる桃源。

夏生が追いつき、華には全て話したことを桃源に伝える。

「何!?」という桃源に夏生が話す。

「先生言ってましたよね 『親を気取る資格はない』って 親であることに資格が要るかはわかりませんけど それを会えない理由にしてるってことはつまり 本当はいい親でありたかったって事でしょ・・・?」

それができなかったから合わす顔がないと話す桃源。

 

「はい!」

 

華が手をあげてこう宣言する。

 

「私に 父親はいません!!」

 

華の言葉に固まる桃源。驚く夏生の姿。

華は続ける―。桃源の本をずっと読んで、桃源の書く文章からいろんなことを教わってきたこと。

今日は新人として桃源に会いに来たこと。

自分は一作家にすぎないから、桃源が自分に罪悪感を感じる必要はないこと。

そして、桃源に見てもらうために昨夜書き上げた新作を鞄からとろうとする華。

風が吹き、華の手にとった原稿はヒラヒラ空を舞って飛ばされてゆく。

桃源が拾った原稿は、『夜明け前』とタイトルが書かれた一枚目の原稿。

華は桃源に向かってこう話す。

「これから私 面白いものいっぱい書きます・・・読んで下さい 絶対感想聞かせて下さい 先生に憧れる一作家の作品として」

華の言葉に心をうたれる桃源。

自分を見つめる華の目の輝き、それはかつて草亮が自分に向けたものと同じように桃源に映ったのかもしれない。

あまり感情をださず、華の作品の改善点を挙げていく桃源。

「一瞬見ただけで改善点が見つかるようじゃ 俺を超えるなんていつになるやらだ こんな宣戦布告されたらおちおち退場できねぇなぁ」

最後に華に優しく微笑みながら、桃源はつぶやくのだった。

 

 

後日、病室で話す夏生と桃源。

手術の日程も決まり、次の仕事への意欲も見せる桃源。

仕事を再開したら取材を手伝えという桃源に「はい!」とうれしそうに返事する夏生だった。

 

 

場面は変わり、瑠依のいるニューヨークにて――。

休日も部屋で本を読んで過ごす瑠依の姿に、誰かを誘ってでかけたら?と提案するルームメイトのダニエラ。

瑠依が答える。

「予定ならありますから デートの!」

 

次回へ続く。

ドメスティックな彼女212話「宣戦布告」感想!

桃源先生と華、いい関係を築けそうですね、よかったです!

それにしても衝撃の事実を聞いて一晩しかたってないのに、桃源にしっかりと自分の思いをぶつけた華!えらい!強い!!

そして次回からは瑠依のほうに話が移りそうですね。

ってかデートって誰と?梶田くんではないよね?

早く続き読みたいです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.