最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

夜になると僕は14話のネタバレと感想!「報い」の内容は?

投稿日:

夜になると僕は1巻を無料読み!漫画村・zip・rarなし!

8年前、姉が殺された。 加害者は悪魔のような3人の少年たち。 「少年法」によって顔も名前も知られずに反省もなく刑期を終えた彼らを、どうしても許せなかった。 だから、復讐を決意した。 調べ上げ、策を練り ...

夜になると僕は14話ネタバレ

東名高速道路にて時速100キロ 狙うは坂元の命。
タクシーを出て、坂元を追います。
この機会を逃せば雲隠れしかねないのでここで決着をつけようとしています。
しかし、ここで坂元を仕留めればきっと警察との全面対決になる。だが、そうなる覚悟はとっくにできているようだ。
今のところ馬場騎士の怪我と8年前の清水川事件を関連づけられてる人は桶田さんと三角さんの二人だけだ。
もし、坂元にも実際危害が加われば話は違ってくるのだ。わたるの思い描く目論見(もくろみ)をより多くの人が想像しうる局面に入ってしまうのです。《誰かが清水川事件の加害者3名を狙っている…》この事に。

「望むところだ。」わたるの目はもう車をとらえています。
坂元の乗っている車の上には『夢』がでていました。
後部座席で坂元が眠っているようです。
真上に来て、「くたばれ、坂元!!!!」夢に向かって一直線に飛び込んできました。
夢には行かず、車内に…。
坂元が暑さで起きてしまい夢が消えたのです。わたるはカメラをチェックしました。ドラレコは車内に向けられています。あのカメラにはおそらく今まで誰も見たことがない光景が映ることになるであろう。
また、坂元が寝息をたてて寝はじめます。「貴様がいびきをかいて寝れるのもこれで最後だ!」わたるは夢にはいりました。
浜辺で坂元が転んでいます。そこへわたるがやってきて坂元に話しかけられます。「飲み物持ってねぇか?」わたるはちらっと見て「坂元…貴様の人生はここで終わりだ。」坂元の後ろにいき、ベルトで首を絞めます。夢の中の坂元は「へ?」と顔をしかめます。だんだんと力を加えていき、わたるは坂元に話しかけます。「8年前、貴様は一人の少女を殺した。それは俺にとってかけがえのない最愛の姉さんだった。今からお前はその報いを受けるんだ。命を持って償え。」だんだんと力強く締め付けていきます。坂元は首元へ手をもっていき必死に抵抗しています。その際、「ごめんなさい。ゆるして」と言葉にならない言葉でわたるに言いますが「許さない!今さら謝っても絶対に許さない!!!!!」最大の力を出しました。ふと、三角刑事はバックミラーをみました。
そこでは、首元に手があり泡をふいている姿の坂元がいました。「坂元、どうした。おい、坂元」と呼びかけます。すぐさま、車を停め、坂元に近寄りますが応答はありません。続いてタクシーが止まり東京駅に着きました。タクシーを降りて自らの手を眺めます。さぁ、ここからは時間がありません。この一件で警察は特殊能力も視野にいれてきます。そうなればもっとも情報源になるのは馬場です。警察が接触するまでに始末をしなければと焦っています。警察側ではドラレコの映像をみて、話しています。坂元には既往症もなく元気だったこと。何よりも首元のベルトの跡と吉川線を見れば一目瞭然です。吉川線とは、絞殺される際に抵抗してできる首元のひっかき傷のことです。三角刑事は絞め殺されたんだと言います。そして、秋山と馬場が危ないことも…。この二人を隔離して守るんだと部下たちに言います。警察の威信にかけて必ず犯人を捕まえるぞ!と三角刑事は意気込んでいます。そして、いよいよ警察との全面戦争がはじまります。

夜になると僕は1巻を無料読み!漫画村・zip・rarなし!

8年前、姉が殺された。 加害者は悪魔のような3人の少年たち。 「少年法」によって顔も名前も知られずに反省もなく刑期を終えた彼らを、どうしても許せなかった。 だから、復讐を決意した。 調べ上げ、策を練り ...

夜になると僕は14話感想

ついに、坂元がやられましたね。
ここまではあっけなかったですが、ここからが見せ場ですよね。警察は馬場を確保できるのか。仮に確保できても場所さえわかれば、殺害されてしまいますよね。
どうするんだろう??と疑問が残りますね。
三角刑事とわたるの駆け引きも気になりますね。次の週も見逃せない話になってるはずなので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.