最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ランウェイで笑って【ネタバレ】78話「ムカつく一人称」感想!

投稿日:

ランウェイで笑って78話ネタバレ

郁人は瞬く間にインターン卒業!
新入りの突如の躍進に、一人の男が立つー

「都村郁人、社員行け」

その言葉に、他のインターンが驚愕する

「あの子、3ヶ月前に入ってきた子よね」
「まさか· · ·
花丘くんより早くスカウトされる人がいるなんて」

その花丘も、この状況に言葉を無くしていた

· · ·落ち着け、花丘真白

名門〝布勢ファッションカレッジ〟開校以来の天才と言えば?
〝花丘真白〟

あまりのキューティーフェイスに5歳からの2年間、女の子として育てられたのは?
〝花丘真白〟

「花丘、これやってみろ」
「パターン取り· · ·!?よろしいのですか?!」
あの時、僕は思ったんだ

花丘の時代が来た!! と。

周りの羨望の声が聞こえる
「すげぇな、花丘· · ·。インターンがパターンを頼まれるなんて、聞いた事ねぇよ。」
「あの都市伝説実現するなら、花丘しかありえない」

ーインターンからの、就職ー

そう、僕は花丘だから。
なのにー

「都村もパターン引いてみて」

社員の放ったその言葉に、激しく嫉妬する

いやいやいやいや、待ち待ち待ち待ち!
花丘がパターンまでくるのに、どれだけかかったと思う?
〝ほつれの修正〟や〝トワルの制作〟
これを速く、正確に· · ·
さらに機転を利かせてやっと届いた「パターン」

それをアイツは· · ·2か· · ·3ヶ月で。

そうか。
· · ·まぁ、花丘が前例を開拓したことで、パターンを頼みやすかったのだろう。
俺の方がすごい。

が!!
一言言っておこう

「キミも十分頑張っている」
花丘が郁人に声をかけた。
「みんなが噂しているよ。花丘とキミはライバルだと。」

それなのに。
「· · ·誰」
「初めまして。都村郁人です。」

!!!
〝絶対 貴様より速くパターンを上げてやる!!〟

でも、評価されなかった。
「もういい。これはアプロのジャケットじゃない。」

そして、気がつけば郁人も俺と同じトワルの作成をしていた

貴様も評価されずにパターンを取り上げられたのか
· · ·聞こう

キミ、と声をかけた矢先、郁人がトワルを終わらせた

速いな· · ·
いいだろう。認めよう、貴様を真のライバルと。

僕は自然に言葉を変えたんだ
「キミも終わったのだろう?次の仕事をもらいに行こう」

花丘と郁人は、ガラスの扉を開けた
そして飛び込んでくる大声
「だからここに縫い目がないと、この形は成立しないって言ってんでしょ!!」

そしてそれに対して容赦ない言葉を返すデザイナー
「ダメだ。縫い目はいらない。作り直せ。」
「ペンギン袖にもするな」

柳田の、容赦ない注文が飛ぶ。
「どんなデザインも形にする。それがパタンナーの仕事だろ」

「やれ」

「こんな仕事、誰がやるか!」
「そこら辺のボンクラに代わりを任せて崩壊すればいい!!」
そういって、型を花丘に渡した

そして、それが花丘から郁人へ渡った

ー ここだ。ここで貴様を出し抜く。
「花丘の脳内では完成しております。
1度、作らせてください」

柳田の冷めた目

「やってみろ」

その時郁人がパターンの形を声に出した

ー こいつも、脳内でパターンを ー

それは花丘とは異なるパターン

でもそれを聞きながらも、柳田は花丘に言った
「花丘。一応パターン作ってみろ」

そしてー
「都村郁人。社員へ上がれ」

花丘の負けを認めよう!!

だか!!
「都村郁人!すぐに追いつく!」
だって、花丘だから!
郁人に向かって宣言した。

その時、綾野遠が郁人に声をかけた
「友達?」
「あ· · ·いえ。ライバルって· · ·」
「へぇ· · ·ボクもそういう友達欲しいなぁ」

綾野遠の言葉を聞いて、思い出した。
そういえば、龍之介さんに言われたことがあった。

「綾野遠と同じ一人称で、ムカつく」

· · ·おれ

「それじゃ、ボクはこれで」
立ち去ろうとする遠に、郁人は声をかけた

「俺、頑張りますから!」

何も言わず、微笑み、立ち去る遠。
その姿を見送る郁人。
そして、その郁人を見つめる花丘。

郁人は、ライバルと同じ舞台へ。

ランウェイで笑って78話「ムカつく一人称」感想と79話「aphro I dite」考察

いやー、いいアングルからのお話でした。
花丘真白、いい味を持ったお人です。
いいですね、あのプラス思考!
そして、あの行き過ぎた自己愛!!

勝手に郁人をライバルと認め、郁人に挑んでいく。
郁人が全く相手にしてないのに、果敢に攻める姿勢は、褒めるべきでしょう。
ある意味、チャレンジャーです

で、今回も出ましたよ。
ドSの柳田さん。

今回も、冷たくあしらっていましたね。
隠れ柳田ファンとしては、1度ぐらい突き放されてみたいものです。
あ、密かな願望が出てしまいました。

でも、郁人はさすがですね。
3ヶ月で、社員へスカウトなんて。

これから、どんな仕事をさせてもらえるんでしゃうか。
デザイナー?
パタンナー?

期待しちゃいますね。
郁人の才能を、惜しみなく発揮出来る事を祈ります。
いいライバルも、出来たみたいてますしね。
今後が楽しみですね。

で、次回は「aphro I dite」がタイトルです。
郁人が就職して、綾野遠が在籍するブランド。
郁人が、自分で選んだ「デザイナーへの道」。

どんなブランドなのか、そのあたりがわかるといいなぁ。
次回に期待します。

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.