最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

鬼滅の刃【ネタバレ】142話「蟲柱・胡蝶しのぶ」感想

投稿日:

かなり前の過去―—————
幼少から新興宗教の教祖として奉られてきた上弦の弐の鬼〝童磨〟
いつしか彼の心の中には、教祖としての歪んだ使命観が形成されていくのであった。

そして現在(いま)―—————
圧倒的な童磨の強さに全ての攻撃を無効化された蟲柱・胡蝶しのぶは窮地に立たされる。
童磨の血気術で肺を潰されたしのぶは勝負を早めに決めようと連撃を繰り出す!

が、逆に反撃され夥しい出血で意識を失いそうになる・・・・・

が、しのぶの目の前に―————―———
かつて童磨に殺された筈の姉が立っているのだった。

姉の𠮟咤激励でもう一度立ち上がる蟲柱。
しのぶは最期の力を振り絞り、童磨へ渾身の突きを繰り出すのだった!!

鬼滅の刃【ネタバレ】142話

1.[教祖の涙]

俺は子供の頃から優しかったし賢かった。
可哀想な人たちをいつだって助けてあげたし幸せにしてあげた。
それが俺の使命だからだ―—————。

上弦の弐の鬼〝童磨〟の脳裡に過去がフラッシュバックする。

両親は俺に特別な力があると信じて疑わなかった。
俺には神の声が聞こえている思っていたのだ。

そして俺の両親の頭の鈍さは絶望的だった。
そうでなければ〝極楽教〟などというつまらない宗教なんかを作らなかったろう。

雛段のような特別の場所に祭り上げられていた俺は、
可哀想だったのでいつも話を合わせてあげてたなぁ。
神の声なんて一度も聞こえなかった。

初めはよってたかって崇められ祈られて・・・流石に困ってしまった。

こんな子供を相手に、
泣きながら苦しい、辛い、どうしたらいい?と言ってくる大人に、
頭は大丈夫かと心配になる。

大人たちはアクビの出るような身の上話をした後、
どうか極楽に導いて欲しいと頭を下げられた。

俺は泣いた―——————————。
その愚かしさに涙が溢れ出たのだ―———————————。

可哀想に・・・極楽なんて存在しないんだよ。
人間たちが勝手に妄想して作り上げたお伽話なんだよ。
この世には神も仏も存在しない。
それがこの人たちには分からないのだ。

死んだら無になるだけ。何も感じなくなるだけだ。
心臓が止まり、脳も止まり、腐って土に還るだけ・・・・
生き物である以上すべからくそうなるのだ。

こんな単純な事も受け入れられないんだね。
頭が悪いとホントつらいよね。

このような気の毒な人達を―—————
幸せにしてあげたい。
助けてあげたい。

その為に俺は生まれてきたんだ。

童磨は戦いの最中、一瞬だけ回想に浸るのであった。

出ました~!! 上弦の弐の鬼、童磨の過去話!!
が・・・・今までと様子が違うのは・・・・・
過去に一切の「重さ」がないという事。

今までの登場人物には善も悪も含め、
それぞれに憎しみや哀しみ、肉親や周りの人々などの死に彩られた・・・
残酷で切な過ぎる「重い過去」を背負っている事が多いのだが・・・・
童磨にはそこまでの重さがない。

一つだけあるとすれば、人間の愚かさに涙したことぐらいか・・・・・

狂った理論。狂った倫理に、狂った感情表現。

もしかして童磨は頭が良すぎたために・・・
常人では分からない自分だけの〝心の地平〟に行く事で、
自分を何者からも守る居場所を作り、懸命に自我を保っていたのではないか・・・・・

そう勘ぐってしまえる事も事実である。

2.[頸を斬れたら良かったのにね」

「うーん五回目ね。」 童磨がズズッと右手の五本の指を広げながら言う。
「これもダメだね。効かないや。」

「君の毒もドンドン効かなくなってくるね。あと何回調合できるのかな?」
「あ!それとももう息が続かない?」

これが・・・・上弦の強さ・・・・・悉く毒が効かない。
耐性がつくまでの早さが異常だ。
しのぶの顔色が変わる。

「肺胞が壊死してるからつらいよね。」
童磨の周りの空気がパキパキと花の形に凍り付く。
「君はさっき俺の血気術を吸っちゃったからなぁ。」

童磨の血気術―———————
それは凍てついた血を霧状にして扇で散布する・・・
呼吸すること自体に危険が伴うものであった。

チャッ  しのぶは刀を構え直しながら思考する。
(連撃で一気に大量の毒を打ち込む!)

蟲の呼吸  蜻蛉の舞い  「 複 眼 六 角 」!!

しのぶと童磨が交差する。

すれ違いざまに蟲柱の素早い複数の突きが童磨を襲う!

「いやぁ君、本当に強いね!」
振り向きながら童磨が言い放つ。
「今まで会った柱の中では一番かもね。」

バッ!  刹那―—————しのぶの体中から鮮血が吹き出す!!

斬ら・・・れた・・・・!! しのぶはドッと前へとくずおれる。

「毒じゃなくて、頸を斬れたら良かったのにね。」
童磨が笑顔でしのぶに語りかける。
「それだけ早かったら勝てたかもねぇ。」

「あ—————無理かぁ、君は小さいからなぁ。」
鬼はアハハハと笑いながら言い放つのであった。

相変わらず笑顔が絶えない鬼の童磨。
一見爽やかそうだがここまで来ると逆に「うざさ」しかない。

しのぶの毒攻撃を全て無効化するのも凄いが、
凍った血を霧状に散布する〝血気術〟にも度肝を抜かれる。
これにはさすがの蟲柱の顔色も変わるはずだ!

しかも「頸を斬れたら良かったのに」「それだけ早かったら勝てたのに」と、
平気で本音をのたまう始末。

なんとも純粋で素直過ぎるというか、ただのお馬鹿なのか・・・・
この時点ではまだ測りかねるその性格が、異常な怖さを醸し出す。

が! 何よりも鮮血を吹き出し、血まみれで倒れた蟲柱! 大丈夫か?!!

心配なので急ぎ次へ進もう!!

3.[立ちなさい]

しのぶの体中から血が噴き出す。
四つん這いにひれ伏しながら両手を目の前へと持ち上げる。

なんで私の手はこんなに小さいのかなぁ。
なんでもっと身長が伸びなかったのかなぁ。
あとほんのもう少し体が大きかったら・・・・
鬼の頸を斬って倒せたのかなぁ?

しのぶは思い続ける―————————

姉さんは華奢だったけど背が高かった。

姉さんが死ぬ時に言おうとした言葉を私は知っている。

〝多分しのぶはあの鬼に負ける〟

そう言おうとして止めてくれたんだよね。

さらに・・・しのぶの意識が・・・・・遠のこうと・・・・・・・・・

―—————————―——— と・・・・・・・・ ―—————————————―

「しっかりしなさい、泣くことは許しません。」

気付くと・・・しのぶの前に姉が立っていた。

(姉さん・・・)

「立ちなさい。」姉の表情は厳しい。

(立てない・・・・・斬られて息もできないの・・・・)

「関係ありません、立ちなさい〝蟲柱・胡蝶しのぶ〟」姉は凛と言い切る。
「倒すと決めたら倒しなさい、勝つと決めたのなら勝ちなさい。」

「どんな犠牲を払っても勝つ―——————」

「私ともカナヲともそう約束したでしょう。」

姉は跪き涙してしのぶの肩にそっと手を置く。
「しのぶならちゃんとやれる。頑張って。」

その瞬間、しのぶの体は起き上がっていた―————————————。

童磨の圧倒的な強さの前に・・・己の無力さに打ちひしがれる蟲柱。
その心が折れかけた時、姉が現れ涙で𠮟咤激励する。

これは思うに―————しのぶの心の最後のストッパー。
精神が壊れる前にしのぶの心の深層にある〝自己防衛本能〟が・・・・
姉の姿で発現し、死なないようにしのぶを奮い立たせたのだ!

なんという精神力! なんという不屈の魂!

これだけ身も心もボロボロに傷付きながらも耐え続ける鮮血のヒロインを、
かつて今までに見たことがあったであろうか!!

悔しいが、我々読者は―——————
「あと少しだけ頑張れ!」と祈る事しかできないのである。

4.[一突き]

瀕死の状態で立ち上がった蟲柱。

「え? 立つの?」
これにはさすがの童磨も想定外だったらしく茫然とする。
「君、ホントに人間なの?」

「鎖骨も肺も肋も斬っているのに―——————
   その出血だともう死んでてもおかしくないんだけど・・・・・・・」

ゴフッ・・・ ゴロゴロ。(しのぶが吐血して咳き込む・・・)

「ほら~! 肺に血が入ってゴロゴロ音がしてる!
    君はもう助からないよ。もう意地を張らずに―——————」

だが「しのぶの目」は死んでいなかった!
(狙うならやはり急所の頸。
      頸に毒を叩き込めば勝機はある。)

ギチッ! しのぶの足に力がこもる・・・

蟲の呼吸  〝蜈蚣(ごこう)の舞〟  「 百  足  蛇  腹 」!!!

橋の床板がしのぶの速さに耐え切れず、走った跡が破壊されていく!

「四方八方にうねる動き 橋を割る程の踏み込み!!」
童磨がそう感じた瞬間、彼の目の前には蟲柱がいた!
「速い!! 攻撃が読めない!!」

しのぶと童磨の腕が交差する!

しのぶの羽織が切れる。

瞬時にかがんで紙一重で童磨の攻撃をかわした蟲柱の刃が唸る!

「低い!!」
腰より低い位置からのしのぶの攻撃に対応が遅れる童磨。

ガ ッ !!   蟲柱の渾身の一撃。

その命を載せた突きは—————―———
童磨の頸を貫き、そのまま壁へと串刺しにするのであった!!!

並外れた精神力と姉の涙の励ましによって立ち上がった胡蝶しのぶ。
彼女の全てをのせた剣が童磨の頸を貫く!!

お願いだ! もうこれで倒れてくれ!!
童磨に向かってこう叫んでいる読者は全国にたくさんいるはず!!

が、この後の展開は次まで待たなくてはならない。
もどかしさと切なさを引きずりながら絶えて待つしかないのである。

きめつのやいば第142話の感想

今回の「鬼滅の刃」のポイントは——————「涙」。

童磨と胡蝶しのぶ、2人の回想と心象風景の違いが浮き彫りにされる。
それと共に2人が流す涙の対比が、
鮮やかにそれぞれの生きざまを浮かび上がらせる。

童磨は周りの大人達のあまりの愚かさに憐れんで涙し、
しのぶは心が折れかかり・・・・己の無力さ、姉の仇を討てない無念さに涙するのである。

そう、2人の涙は——————―
圧倒的に〝涙の質〟が違うのである!

一見同じ涙でも―————
悪に必死で抗い、結果・・・力尽きようとする「胡蝶しのぶ自身」の悔し涙と、
自分が正義で、あくまで上から目線で他人を憐れむ「疑似神の童磨」の涙。

そこには本質的な違いが存在する。
それは人間の〝魂の涙〟なのか、性格によって作られた涙かの違いなのである。

そう! みなさんも既にお気付きのように・・・・・・
胡蝶しのぶの涙こそ、人間本来の涙。
みんなが共感し、心の底から全てを震わせる涙なのである。

さあ! 来週である!
しのぶの魂の一撃はきっと童磨を撃ち破るはずである!!
イヤ、撃ち破らなければならない!!

何故なら、このためにしのぶは柱となり、
世のため人のために尽くしてきたのだから!!

そして、必ず無事で美しい笑顔を私達読者に届けてくれるはずである。
彼女の精神力ならきっと大丈夫。
そう強く固く信じて、次回を笑顔で迎えようではないか!!!

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.