最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

チェンソーマン【ネタバレ】6話『使役』感想!

投稿日:

チェンソーマン【ネタバレ】6話

デビルハンター東京本部

パワーの外出許可を得るデンジは受付から17時までには戻ってくるように言われる。一人じゃ外出もできないのか?とデンジが聞くとずっとここの中で退屈していたとパワーは答えた。

都内の路面電車の中

終始パワーの胸元を見つめるデンジ。ニャーコをさらった悪魔の場所はわかっている、自分の姿を見られたらニャーコを盾にされて詰んでしまうので、デンジしか戦えないことをパワーは説明する。ポチタという悪魔を飼ってて、もう撫でることはできないけど、自分の心の中で生きていると話すデンジに対してパワーは愚かだと言う。心の中にいるということはポチタが死んだということ、死んだ命は無であること、心の中にいるだのなんだのは浅ましい慰めであるとパワーは言う。へぇへぇそーだなと相づちをうつデンジは心の中では絶対にパワーと仲良くなれないと思っていた。

デビルハンター東京本部会議室

米国の件でソ連はタカ派の声が大きくなっている、悪魔を軍事利用しているという噂も聞く、願わくば日本の敵は悪魔だけでありたいものだがなとデビルハンターの上層部が話す。マキマの部隊の犬は育っているかを上層部が聞くと、期待に答えられそうなのが一匹、面白いのが一匹とマキマは答えた。面白い?と上層部が聞くと最近拾った子犬とマキマは答えるが、上層部は机をペンで叩き一瞥する。マキマの仕事は犬を育て使うこと、くれぐれも情を入れないように上層部は注意を促した。

早川の運転する車内

デンジは不快なだけで面白くない、どうしてそんなに期待をするのかと早川はマキマに聞く。全ての悪魔は名前を持って産まれてくる、その名前が恐れられているものほど悪魔自身の力も増すという、コーヒーは恐いイメージは全くないから『コーヒーの悪魔』がいたら弱いだろうね、でも『車の悪魔』がいたらどうだろう…、タイヤに轢かれて死ぬイメージがあるから強いかも、デンジ君は『チェーンソーの悪魔』になれる、面白いと思うけどなとマキマは答えた。面白いだけで使えないヤツ、公安は目標や信念がある者だけしかいない、でもデンジはだらだら生きたいだけと言っていた、公安には相応しくない、それに悪魔と仲良くなれると思っているまだガキなんだと早川は言う。

町外れの丘の上にある家

パワーの案内でニャーコと悪魔がいる家にデンジを連れていく。さっさと行くか、貧血になるからチェーンソーにはなりたくないとデンジは言う。おお?チェーンソー?とパワーが驚くとチェーンソーになれるとデンジは答えたが、人間の冗談は笑えないなとパワーは言った。家にどんどん近づくパワーにデンジは疑問の声をあげる。パワーが姿を見せたら猫を人質にされるんだろ?、こんな近くまでついてきちゃダメでしょ?とデンジが言うと、パワーはそういう設定だったか?と答える。設定?とデンジは疑問を強めるといい間違いだとパワーは言う。手持ちの斧でパワーを狙うがよけられてしまい、パワーが血の能力で作り出したハンマーで頭を殴られてデンジは返り討ちにされてしまう。ううっと倒れ込むデンジを馬鹿だが勘はよかったと言いながらパワーは家の中に引きづり込む。随分と私を待たせたな血の悪魔よ、逃げたのかと思ったぞと家の中にいる悪魔が言うと、文句を言うな!ワシもやっと外に出られたんじゃ!とパワーは答えた。コウモリ、望み通り人間を連れてきたぞ!とパワーが言うと久しぶりの食事、若い男か、精力の出る血を飲めそうだな!とコウモリの悪魔が言う。デンジはコウモリの悪魔に握りしめられ、ぐあっ!と苦しみの声をあげる。この腕の傷を見ろ人間!貴様らにつけられた傷!この私を隠れざるをえなくさせた忌々しい傷だ!とコウモリの悪魔が言うと、知るかバーカとデンジは答える。食事が吠えるな!人間に刻まれた傷、人間の血で癒させて貰う!とコウモリの悪魔はデンジを強く握り締める。ぎゃあああアアアア!!と悲鳴をあげるデンジから血を絞り取りコウモリの悪魔は血を飲むが不味い!と言いデンジを地面に叩きつける。不味い血でぇ!!復活してしまったではないかアアア!!と言いながらコウモリの悪魔は家の屋根を復活した右腕で突き破る。口の中が気持ち悪い!!他の人間で口直しをしなければ!と言いコウモリの悪魔は街へ向かう。パワーの姿を見ながら早川からお前は悪魔と仲良しにでもなりたいのか?と言われたことをデンジは思い出す。よくワシの話を信用できたモンじゃの、やはり人間は愚かじゃとパワーはデンジに言う。

チェンソーマン6話『使役』感想

パワーは危険視されているので外出に許可がいるんですね。ずっと本部の中で過ごすパワーは本当に退屈でしょうね。路面電車の中でずっとパワーの胸元を見ているデンジは下心丸出しですね。エロの貴公子として認定していいかもしれないですね笑。マキマはデンジのことをものすごく興味に思っていますね。チェーンソーに魅力を感じていたんですね。デンジはまんまとパワーに騙されてしまいましたね。やはり悪魔は裏切りが生業なんでしょう。コウモリの悪魔とパワーの関係が気になりますね。パワーは何か弱みを握られてるのか、それとも昔からの仲間なのでしょうか。次回はコウモリの悪魔が街で暴れていく話になると思います。デンジはコウモリの悪魔とパワーを止めれるんでしょうか?

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.