最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ドメスティックな彼女【ネタバレ】217話「失恋ツイスター」感想!

投稿日:

別々の道を歩むことになった夏生と瑠依。

二人はこの別れをどう乗り越えていくのだろうか――。

 

ドメスティックな彼女【ネタバレ】217話

別れの日から数日、夏生は桃源先生の病室で手伝いをしていた。

桃源に頼まれて資料を持って帰ろうとする夏生。

夏生の覇気がない声に気づいた桃源が、何かあったかと夏生に尋ねる。

夏生は特に何もないと答えたのだった。

 

夕方――。

家でこたつで横になる夏生。

夏生の表情は暗い―。

そんな時、陽菜からごはんを一緒に食べようとラインが届く。

 

居酒屋でごはんを食べる夏生と陽菜。

どこか元気がない夏生の様子を見て

「やっぱすぐ戻っちゃって寂しい?」

と陽菜。

少し間を空けて夏生が答える。

「寂しい・・・か そうだね」

夏生の様子を心配そうに見つめる陽菜。

 

後日、その居酒屋でのことをラマンでマスターに相談する陽菜。

まだ瑠依と仲直りできてないのではと心配するマスター、陽菜、フミヤ。

夏生を元気づけるため3人は――。

夏生の家に突撃訪問!

顔を見た瞬間夏生にドアを閉められても、半ば強引にマスターがドアを蹴破り、みんなでお鍋を囲む。

マスターが夏生に、瑠依とのケンカが長引いているのかと単刀直入に聞く。

「・・・仲直りはしましたよ ケンカの件は」

と夏生。

じゃあなんでしょぼくれてんのよと聞くマスターに、これがフツーと返す夏生だった。

 

お鍋を食べ終わった4人。

マスターが盛り上がる為にとツイスターゲームを取り出す。

はじめにフミヤと陽菜がゲームをし、次にマスターと夏生の番に。

気合い十分のマスターは動きにくい革パンを脱ぎ、下はパンツ一丁の格好。

本気のマスターは無理めな体勢も気合いで乗り切る。

マスターが夏生の顔の上をまたいでいる状態。

その体勢でマスターが夏生に、落ち込んでる原因は何かと尋ねる。

何でもないとはぐらかす夏生に、股間をあてようと迫るマスター。

・・・とうとう口を開く夏生。

「ルイと別れました」

 

「え!!?」

予想外の展開に驚く3人。

 

夏生から別れの経緯を聞く3人。

フミヤがぽつり。

「スランプに加えて失恋も重なったらそりゃキツいわなー」

それを聞いて

「え? え スランプって・・・」と陽菜。

その時夏生のスランプを初めて知ったのだった。

マスターがそんな時は酒で忘れろと、ノンアルコールだが夏生に飲ませる。

すっかり酒に呑まれてしまう夏生。

目覚めると、台所でお皿を洗う陽菜の姿が。

マスターとフミヤは明日も仕事だからとすでに帰っていた。

「書けなくなったのは いつから・・・?」

マスターに聞いたと付けたし、夏生に問いかける陽菜。

陽菜にスランプの状態を説明する夏生。

それを聞いた陽菜は、優しく夏生の背中に手をあてる。

「辛かったよね ずっと頑張ってたの知ってるもん すごく辛かったよね・・・」

陽菜の言葉に、夏生の目から涙があふれだす。

涙とともに抑えていた自分の思いも・・・。

 

ルイには心配かけたくなかったって言ったけど 違う

そんないい話じゃない

俺は今まで喜んでくれた人や 応援してくれた人に

がっかりされたくなかったんだ

 

ドメスティックな彼女217話「失恋ツイスター」感想!

マスターのツイスターへの本気度合い!すごかった! 笑

そして最後の陽菜の優しい言葉。

もう別れて姉と弟との関係とはいえ、やっぱり陽菜の観察眼というかそこはすごいですね。

自分の思いを受け止めて、スランプに立ち向かっていけるのか・・・この先どう進んでいくんでしょうか。

瑠依を失って無気力になっている夏生がどう変わっていけるのか・・・次回を待ちます!

 

 

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.