最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ランウェイで笑って【ネタバレ】48話感想!「まるで台風」!?

投稿日:

ランウェイで笑って47話のあらすじ

ランウェイで笑って【ネタバレ】一覧

育人は母親の治療費46万円を稼がなければならない。

都村家は家族総出で働き、治療費をどうにかしようとしている。

そんな中育人は、芸華祭の準備に費やす時間もお金も足りなくなっていた。

ついに育人はデザイナーの夢を諦め、治療費を肩代わりしてくれる綾野遠の元でパタンナーとして働こうとしていた。

そんな矢先、育人の元に一通のメールが届く……。

[st_af id="678"]

ランウェイで笑って【ネタバレ】48話

育人は最近、夢を見ます。

それは「パタンナーとして充実して働いている夢」。

「きっとパタンナーって仕事が嫌じゃないんだ」

「服を作れる仕事をさせてもらえる。それだけで幸せすぎる」

「千雪さんと出会う前の僕と比べたら、夢みたいな話だから」

「ギャップに戸惑っていただけ」

パタンナーとして働くことを言い聞かせ、服を作れるだけで幸せだと思う育人。

綾野遠にお礼を言おうと携帯を手に取った育人は、新着メールの存在に気付きます。

メールに気付いた育人が訪れたのは、ミルネージュの社長、藤戸の所でした。

緊張する育人はリラックスするように言われたり、ブービートラップを仕掛けられたり……。

育人の緊張が解けたところで藤戸が語り出したのは、藤戸の娘、千雪のことだった。

モデルの夢を諦められない千雪はパリへ向かっていた。

しかし……

「どこからも全く相手にされなくて、資金も底を尽きたらしい」

藤戸の語る千雪の現実は厳しいものでした。

さらに藤戸は育人に頼みます。

「きっと千雪も都村君の言葉なら元気が出る」

「励ましてあげてくれたら嬉しい」

その申し出に素直に答えられない育人。

それは、デザイナーの夢を諦めてパタンナーとして働くことを決めたから。

そんな育人を、社長はある所へと案内する。

案内する途中、育人が務めていた柳田さんのブランドの話になった。

案内された部屋で藤戸は言う。

「詳細は聞いてないが、今お金に困っているんだろう?」

柳田さんから育人について連絡を受けたらしい藤戸。

藤戸から告げられたのは、柳田さんからの伝言。

「長谷川に感謝しろ」

育人の頭に、心のマネージャーに言われたこと、綾野遠に言われたことが過ぎります。

そんな育人に、藤戸は「初めて会った時の約束」を覚えているか尋ねます。

そしてこう続けました。

「あの時の約束。今、果たさせてくれないか?」

「君のデザインを買わさせてほしい」

「200万円用意してある」

「十分正当な評価だよ」

育人のデザインを買うと言った藤戸。

どうやら、育人のデザインを買うためのお金を集めるのに時間がかかったようです。

育人は泣きながら藤戸に尋ねます。

「藤戸社長。僕……ファッションデザイナーになれると思いますか?」

藤戸は答えました。

「私からしたら、ならない方が驚きだよ」

育人のデザイナーとしての一歩が始まった瞬間でした。

泣きじゃくる育人に、藤戸は続けます。

「都村君。千雪のこと、よろしく頼んでもいいかな?」

育人の返事は、決まっていました。

パリから帰ってきた千雪は、冷静に状況を分析します。

オーディションは、デザイナーの前で10mくらいの距離を往復するもの。

ですが……。

「私は数十社受けて、結局1mも歩かせてもらえなかった」

一社も受付から先に進めなかったようです。

今回の結果を受けて、千雪は自分というモデルの価値に失望します。

「私というモデルを必要としてくれる場所はない」

そんな時、千雪の前に育人が現れました。

「千雪さん! 僕のショーに出てくれませんか?」

目をキラキラと輝かせた育人の言葉に、千雪は泣き笑いで言葉を返します。

「もう、しょうがないなぁ」

千雪と育人が再びタッグを組むことになりました。

次回、どうなる!?

[st_af id="680"]

ランウェイで笑って48話の感想、49話以降の考察

育人、良かったね!

心の言葉で柳田さんが動いたようです。

柳田さんなら動いてくれるって信じてました。

まさか藤戸社長に声をかけていたとは……。

藤戸社長の言う約束は第一話で出ていた「千雪に作った服のデザインを買い取らせて欲しい」というものですね。

第一話から月日が流れた今に至るまで、藤戸社長は約束を覚えていたんですね。

今回の話で社長が言っていた「ずいぶん待たせてしまった」という発言から、あの日からデザインを買い取るための資金を集めていたことが伺えます。

さらに、藤戸社長の言葉が綾野遠の言葉を上書きしています。

デザインを買い取って実力を認めてくれた藤戸社長。

そんな社長から「デザイナーにならない方が驚き」と言われたことは、育人にとって大きな自信になるのではないでしょうか。

千雪をショーに誘う育人の目が、呪縛から解かれたことを示しています。

前回は育人の目に光がなく、死んでいましたから。

妥協しようとしてもやっぱり、デザイナーになりたいんですよね、育人は。

次話タイトルは「まるで台風」

デザインを買い取ってもらったことで、治療費を返済するだけでなく芸華祭への資金が確保出来た育人。

モデルには千雪を選びました。

育人と千雪の道が交わった今、何が起きるんでしょう?

私としては是非、育人のデザインを着た千雪に注目が集まってほしい。

そして、育人には芸華祭で綾野遠に勝ってほしい。

次回は芸華祭が舞台になるのか、その前の準備段階が舞台になるのか……。

私は芸華祭が舞台になると思ってます。

芸華祭ファッションショーで是非、千雪に驚いてほしいです。

二人の凄さが世の中に広まってほしいです。

【ランウェイで笑って】が面白い!漫画村じゃない無料で読む方法!

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで2017年からスタートし、現在も連載中の漫画になります。 作者は「猪ノ谷言葉」さん 単行本も現在5巻まで出ています。 少年誌にしては珍しいファッション業界を題 ...

週刊少年マガジンの最新号を無料で読む方法!!

毎週水曜日発売の週間少年マガジン この雑誌を無料で読むことができるなんてなんと素晴らしいことでしょうか! 海賊版サイトの閉鎖が相次ぐ中、 【立ち読みはどうなんだ?】 という議論もちらほら… まあ立ち読 ...

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.