最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

鬼滅の刃【ネタバレ】138話「急転」感想!

投稿日:

産屋敷邸が大爆発し炎に包まれる!?

急ぎ屋敷に向かっていた柱の面々と
竈門炭次郎は———————

なすすべなく茫然とその爆炎を見上げるのであった・・・・・

この自爆は鬼舞辻無惨にも読めなかった。
いくら再生できるとはいえ無惨はかなりのダメージを負う。

それでも無惨は少しづつ再生するが、
空中に無数の罠が撒かれており、その罠から鋭い棘が飛び出すのだった。

無惨は夥しい棘に体を貫かれながらも
棘をこのまま吸収すればいいと冷静な判断を下す。

が! 無惨の体は突然現れた珠世の腕に貫かれていた。
そしてその拳には「鬼を人間に戻す薬」が握り締められていたのだ。

「悲鳴嶼さん、お願いします!!」珠世が叫ぶ!

無惨が振り向くと、鎖が付いた棘付きの鉄球を持った岩柱・悲鳴嶼行冥がいた。
岩柱が投げた鉄球は鬼舞辻無惨の頭部を見事に粉砕するのだった!

[st_af id="663"]

鬼滅の刃【ネタバレ】138話「急転」

1.「お館様!!」

それは鬼舞辻無惨が産屋敷邸を襲撃する前の事———————。
柱達は集まった時に〝お館様〟の警護について話し合っていた。

「最低でも柱2人はお館様の護衛につけるべきだぜェ。」
風柱・不死川実弥が意見する。

「私もそれは言い続けているが、聞き入れて下さらぬ・・・」
岩柱・悲鳴嶼行冥がそれに答える。
「柱を己のために使うモノではないとの一点張りだ。」

「産屋敷家の歴代当主は皆誰一人として護衛をつけなかったそうですね。」
蟲柱・胡蝶しのぶが淡々と言うのであった—————————。

そして今———————————

「鬼舞辻無惨の襲来」の報を受けた柱達は

〝お館様〟のもとへと急いでいた。

お館様、お館様!

(ひたすら前へ)

急げ! 屋敷へ! 

(実弥は駆ける。)

見えた!!  屋敷だ!!

(館様の無事を祈る。)

大丈夫。 間に合う、  十分に間に合っ・・・

  ―———————ド   ン   !   !—————————

 時が止まる。 すべての音が止む。 声にならない叫び。

実弥が

無一郎が

甘露寺が

しのぶが

富岡が

そして炭次郎が・・・ただただ・・・・茫然とする・・・・・。

爆薬・・・!!  大量の・・・・!!  血と肉の焼けつく匂い!! 

ゴ ウ ・・・・・

爆炎に乗って様々な匂いが、炭次郎の鼻腔に運ばれてくるのであった——————。

何てことだ!! まさか「お屋敷」が大爆発するなんて!! 

これは絶対誰にも予想ができなかったろう!

急ぎ向かっていた全員に戦慄が走る。

全員がどれだけ心の底から「お館様」のことを崇拝していたのかが
その表情からも伺い知れよう。

そしてこんな時は炭次郎の鋭い嗅覚はいらないと思うぐらい―————
いろんな情報が強制的に彼の鼻腔に運び込まれてしまう。
肉の焦げる匂いなんて・・・・・。 これは辛すぎる。

お館様と鬼舞辻無惨は一体どうなってしまったのか!?

とにかく次へ読み進めるしかない・・・・・

2.「何かある」

「ぐっ」
炎と爆風に包まれた鬼舞辻無惨は—————
顔の半分がちぎれ、残った眼球も醜く飛び出している。
腕も片方失い、皮ふは所々が焼け爛れ、筋肉や内臓が露出していた。

「産ッ」・・・・   「屋敷ィィッ」

産屋敷耀哉! あの男の顔!!

あの男は完全に常軌を逸している・・・

何かを仕掛けてくるとは思っていたが・・・・
己と妻と子諸共、爆薬で消し飛ばしてしまうとは!!

そして爆薬の中にも細かい撒菱のようなものが入っていて・・・・
殺傷力が上げられ、
一秒でも私の再生を遅らせようとしている。

つまり、まだ何かある。

産屋敷はこの後まだ何かするつもりだ・・・

ん! 柱が集結しつつあるな。
だがこれでない「もっと別の」何かがあるはずだ・・・・

自分自身を囮に使ったあの男は——————
私への「怒り」と「憎しみ」がどす黒く渦巻いていた。

あれだけの殺意を隠していたことは驚嘆に値する。
ホントに妻と子供は承知の上だったのか?

よせ、今それは考える事ではない。

間もなく体も再生する―――――――

と、その時―———空中に無数に浮遊する〝物体〟が鬼舞辻の目にとまる。

これは・・・〝肉の種子〟  〝血気術〟!!

   ビ シ ィ !  

その物体から鋭く巨大な夥しい「棘」が出現し、
その「棘」全てが、瞬時に鬼舞辻無惨を貫きと通すのだった——————————。

あのダンディな鬼舞辻無惨がとんでもない姿になる。
人間の原型を留め損なう一歩手前の・・・
醜くい生物の残骸に近いモノと化すのだ。

そして何より凄まじいのは・・・ここまでする産屋敷耀哉その人であろう。

その己と一族を犠牲にしてまでも鬼舞辻無惨を殺そうとする執念は————————
ある意味「鬼」よりも「鬼らしい」と感じたのは私だけではないはず!

彼の心の中の「闇」を一瞬垣間見た感覚に襲われ、
ブルッと身震いするくらいの戦慄を覚えて・・・・うすら寒くなってしまった。

それは無惨も十分に肌と本能で感じていて、
あの彼にして、「常軌を逸してしまっている」と言わしめるのだ!
〝お館様〟もう怖すぎである。

あと、気になるのが〝血気術の罠〟!!
なぜこの屋敷にこんな鬼のトラップが仕掛ける事ができたのか?
それはおいおいわかる事なのだろうか?

もっと先を読み進もう!

3.「珠世の決意」

「固定された?」
大きな無数の「棘」に体中を刺し貫かれながら無惨は思考する。

これは誰の血気術だ?

肉の中に食い込んだ「棘」が細かく枝分かれして抜けなくなっている。

いや、これなら問題ない。
大した量じゃない。
そのまま「棘」を吸収すればいい・・・・。

ドクン! 無惨は今の状況を冷静に分析し
    「棘」を体内へと一気に吸収しにかかる。

ズ  グ  ン  !  !    突如無惨の体の奥底を激しい衝撃が襲う!

その激痛の正体、それは無惨の腹部に深々と突き刺さった珠世の左腕であった!!

「珠世!!」無惨は怒りを露わにする。
「なぜお前がここに・・・」

「この棘の血気術は貴方が浅草で鬼にした人のものです。」
右腕を無惨に掴まれながらも珠世は必死で言う。

彼女の着物にはペタペタと「お札」が貼ってある。

そうか、目くらましの血気術で近づいたな。
目的は?
この女は一体何をした?

「吸収しましたね、私の拳を。」
珠世の表情には〝覚悟〟が漲っている。
「この拳の中に何が入っていると思いますか?」

「鬼を人間に戻す薬ですよ!」珠世は叫んでいた。

「そんなものができるはずは・・・・」無惨が凄む。

「完成したのですよ!私の力だけでは無理でしたが!」
珠世の叫びはもはや悲鳴に近くなる。

「お前もしつこい女だ、珠世。」
ギギギ・・・鬼舞辻は左手首の関節を外して珠世の頭を掴む。
「お前の夫と子供を殺したのは他ならぬお前自身だ。」

「お前が食い殺したのだ。」

「それが分かっていれば・・・私は鬼になどならなかった。」
珠世は大粒の涙を零しながら訴える。
  「病で死にたくないといったのは、
           子供が大人になるのを見届けたかったからだ・・・!!」

「お前はその後も大勢の人間を殺し、楽しそうに喰っていたように見えたがな。」
無惨は珠世の頭を掴んだまま邪悪な笑みを浮かべる。

「そうだ、自暴自棄になって人を大勢殺した。」
「その罪を償う為にも! 私はお前とここで死ぬ!!」
珠世は力の限りそう絶叫するのであった!?

ここで珠世さんが登場する!

そう、前に産屋敷耀哉に屋敷に呼ばれていたんだった!
いろんな事があり過ぎてすっかり忘れてしまっていた! (珠世さん御免なさい)

そして・・・・ここで珠世の過去が明かされる。

やはり無惨に「鬼」にされていたのだ!
しかも家族全員を喰い殺していたいたなんて。

「鬼滅の刃」は〝哀しみが重なり紡ぐ物語〟だという事は―—————
これまでの出来事でずっと理解してきたつもりなのだが・・・

この珠世のエピソードも哀し過ぎる・・・

人間の欲と業を超越した所で起こる「悲劇の連鎖」―———————
登場人物は誰もがこの「鎖」に絡み取られて「哀しみ」の底へと落ちていく。

珠世は〝鬼舞辻無惨と共に死ぬ〟ことで、その「連鎖」から抜け出し、
自分の命を差し出すことで、「自分が願う世界」へ行こうとしているのではないか。

やはり「鬼滅の刃」は「贖罪の物語」でもある事を再確認させられた次第である。

4.「悲鳴嶼行冥の一撃」

珠世は―———
無惨に頭と目を潰されかけながらも必死で耐える。
彼女の覚悟は鋼の如く強固なものだったのだ!

「悲鳴嶼さん、お願いします!!」

珠世の叫びと共に、
鬼舞辻無惨の背後の炎の中から―——————
岩柱・悲鳴嶼行冥が踊り出る!

岩柱の着物には無数の「札」が貼られ、
その瞳からは相変わらず涙が溢れ出ている。

左手には「斧」を、
右手には「斧」の柄から伸びた長い鎖に繋がれた、
「巨大な棘付きの鉄球」を持っている。

鬼舞辻が振り向く―———————

「南無阿弥陀仏。」

     ゴ シ ャ ア ! !

刹那、鬼舞辻無惨の頭部は・・・・ 
岩柱が投げた「鉄球」に潰されて吹き飛び、
             さらに粉々に砕け散るのであった——————————!!

畳み掛けるような悲鳴嶼行冥の登場!!

彼も「お札」を貼りつけていることから、
この一連の攻撃は、珠世と綿密に打ち合わせしていた「作戦」だという事が窺い知れる。

にしても・・・・何だこの破壊力は!!

鬼舞辻無惨の頭部が見るも〝無惨〟に粉砕されるではないか!!

もしかして―—————
この「中世時代の騎士」が持つような特殊な武器って、
悲鳴嶼専用の〝日輪刀〟の一種なのか? とも思わせてくれる。 

体内に「人間に戻る薬」を吸収し、
頭部を粉砕されてしまう鬼舞辻無惨・・・て・・・・・敵ながら悲惨過ぎる。

ここまで、けちょんけちょんにやられる無惨・・・・・
ここまで叩きのめされる悪役は今まであまり見たことがない。

けど、これでやられる無惨ではない筈。
この戦い、最後まで油断してはならないのである。

[st_af id="665"]

第138話の感想

今週のテーマは〝負の連鎖〟である。

〝負〟とは、ここでは「憎しみ」と「哀しみ」に限定しよう。

お館様の深すぎる「憎しみ」が、館の「自爆」へと連鎖し、
珠世の「憎しみ」と「哀しみ」が、無惨との「相撃ち」へと連鎖する。
そして岩柱の過去の「哀しみ」が無惨の「頭部の粉砕」へと連鎖するのである。

そして全てに共通するのは〝負の連鎖は「無惨」に返る〟である。 
全ての〝元凶〟にして〝悪の権化〟の鬼舞辻無惨に何もかもが返っていくのである。

昔から「全ての行いは自分に返ってくる」とよく言われるが・・・・

これはいたってシンプルで―——————
「良いことをすれば、良いことが起こり」
「悪いことをすれば悪いことが自分に返ってくる」ただこれだけの事なのだ。

今回の「鬼滅の刃」は、その事を「無惨」が見事に体現してくれている。

そしてこの「格言」は、我々読者の日常生活にも直接関わってくる。
鬼舞辻無惨を反面教師にして、読者は人生の「生き方」を学ぶのである。

さて! 注目の来週である。

あの鬼舞辻無惨がこのままでは終わるはずがない!

上弦の鬼達の動向は?
禰豆子は一体どうなってしまうのか?
柱達のそれぞれの活躍は?
そして珠世の覚悟の行方は?

さらに加速していく物語に括目せよ!

キャラ達の「心のひだ」に触れて震えろ!!

これだけ心を揺さぶられるマンガにはそうは出会えない。

暴風雨の真っただ中にいるが如くの展開になろうと、
ジッと目を凝らし、最後まで立ち続けろ!

そして〝負の連鎖〟を打ち破る炭次郎と共に立ち向かえ!

それが我々読者に定められた「運命」なのだから!!

[st_af id="665"]

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.