最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

火ノ丸相撲【ネタバレ】223話「鬼丸国綱と草薙剣、昇華」感想!

投稿日:

 優勝決定戦を左右する大きな一戦。鬼丸は力で草薙を押していきます。立ち会いが互角に見えたのは草薙が鬼丸の変化を警戒したために全力でぶつからなかったためでした。鬼丸が奇手を使ったのは今の草薙にかなわないと思ったためでした。その相撲に付き合わせられたために草薙の腰が高くさせられてしまいました。小兵でありながら大きな相撲を取れる鬼丸だからこそ生まれた技の振れ幅でした。今のままの相撲では限界が来ると中学生時代に言われ続けても覚悟を持った決断は信念となり生き方を支える強さとなることを柴木山親方に教えてもらいました。目指す場所をしっかり見据えて、可能性を今よりも広げるためには一見遠回りに見えるかもしれないけれど、切り開いた道は目指した先へ続いていることをみんなが教えてくれたのです。鬼丸はプロになっても小さいことを自覚しており、他の誰もが鬼丸が横綱になることを望んでないのかもしれません。草薙は鬼丸が強いことが嬉しく、右上手を引きました。一方鬼丸も右下手を引くことに成功します。両者必殺への間合いが完成した形でぶつかります。

火ノ丸相撲【ネタバレ】223話「鬼丸国綱と草薙剣、昇華」

 草薙の右上手と鬼丸の右下手がぶつかる形に感化役も大いに盛り上がります。膠着した裏で目には見えない数多の攻防が行われ殺し合っていました。しかしその均衡はすぐに崩れ草薙が廻しを切られ寄る草薙に半身で堪えますが土俵際まで追い込まれてしまいます。鬼車が封じ込められるとそこから派生する技も使えず、まともに組み合うためには手札が少なくけがをしたときのショックで鬼車の打ち方が分からなくなってしまいました。つまりイップスに追い込まれてしまい、他の競技でもイップスに陥り引退へ追い込まれた選手が何人もいます。特にセンスで戦ってきた者は一度陥ってしまうと二度と同じように投げることができない証でした。大和国は人をやめて神となり、刃皇は人を謳歌して神になったので、鬼丸は小さく強い体を謳歌して無理矢理理屈をつけてあの頃を思い出しました。そして右下手投げの鬼車を繰り出します。投げられた草薙の脳裏には昔の頃の鬼丸を待っていたのでした。

火ノ丸相撲223話の感想!

いよいよ鬼丸と草薙の戦いも終盤へと突入していきます。大相撲編の最初でけがをしてからしばらく休場してからイップスに陥りけがをする前に打てていた鬼車を打てなくなっていましたが、大和国や刃皇のやり方からヒントを得て鬼丸は自分自身を謳歌してみんなで一緒に戦って相手を投げていた頃を心と体が思い出しました。イップスを克服した鬼丸と戦っている草薙の顔は高校の頃に戦っていた様子を見ているようでした。草薙が大相撲に土俵入りしてから待ち焦がれていた鬼丸が昔の力を取り戻しました。イップスを克服して思い出した鬼車を草薙に繰り出します。草薙の上体はほとんど浮き上がっているため鬼丸の勝利は目前です。しかし残された右足が踏みとどまる可能性も十分考えられます。鬼丸の全力の投げが草薙に通用するのでしょうか!?

【火ノ丸相撲】最新刊23巻を無料読み!漫画村・zip・rawなし!

「火ノ丸相撲」の最新刊23巻が2018/12/04に発売されました! 死をも恐れぬ、命を削るような相撲を見せた火ノ丸。周囲の心配をよそに、二日目にして早くも横綱・刃皇との取組が巡ってくる!! 修羅の形 ...

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.