最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

ネオレイション(neO;lation)【ネタバレ】process5「アンロック」感想!

投稿日:

ネオレイション(neO;lation)【ネタバレ】5話

 多摩丘陵大学に到着した大悟と夕子の二人。「はやくこれ使いたいね!」笑顔の夕子が持っているのはネオに渡された『GE-BOX』なるもの。説明はされたようですが、難しい説明で
理解はちゃんとできていない二人。
「大学に着いたね。」とネオ。「どこからともなくネオちんの声が・・・!これがGE-BOXの隠された通信機能!?」ただ単に大悟のスマホからの声を勘違いしている夕子です。
「いいか?レミングが誰なのかは重要だけど、それ以上に重要なのは奴の目的!なぜゲームを使って人を自殺させるのか、動機がわかれば次の行動も予測しやすい!まずは犯人像を絞る。
資料室に行って職員名簿を見つけろ!」「了解!」ネオの指示にしっかりと返事をする真面目な(?)夕子。

「誰か来ないか見張ってる。鍵かかってたりしねーよな?」「大丈夫。」と言って・・・ピッキングで鍵を開けた夕子。「お父さん鍵屋で、叩き込まれたの!お前はバカだけど、手に職が
あればきっと生きていけるって!」「親父さん必死だったのかな・・・」ちょっとあきれた感じの大悟。
資料室に入り名簿を見つけ出した夕子。「教授・准教授の経歴をスマホに撮って送って。僕がチェックする。」パソコンで調べ始めるネオ。「怪しいのは二人。田浦英明と安西誠人。
情報工学の教授と准教授。

多摩丘陵大学「情報工学科」部屋──

 鼻歌交じりで機嫌よくパソコンに向かっているのは安西。「御機嫌良さそうですね安西教授。」「わかるかい?」パソコンの画面に向かって返答する安西。「私はmotoko(モトコ)。
人間の感情を解析し、制御(コントロール)することを目的としてつくられたAI。いつも見ている安西教授の表情なら、他の対象以上に高い精度で感情を読み取ることができます。」
「今日大学のサーバに侵入しようとしたハッカーがいた。狙いがレミングゲームか他の目的かわからないが、私の罠にひっかかった。」笑う安西。「人を思い通りに動かすのは愉快だよ!」
「喜ぶのは早いのでは?人間は目の前の問題を解決すると気を抜いてしまうところがあります。敵の目的がわからない以上油断しないほうがよろしいかと。」冷静なAI。
「明日はプレイヤー宮内咲の自殺予定日でもある。念を入れて自宅には帰らず、偽名でホテルをとるか。相手がハッカーならスマホも切る。それで追跡はできないはず!」

 ネオは犯人候補の2人を追跡。田浦教授はスマホ経由で自宅のAIスピーカーをハッキングし、家中のカメラとマイクをのっとったところ、一家団欒中。「安西教授の端末が追えない。
スマホの電源が入ってないのかも。」「それ怪しくねえか?平日だぞ。普段どおり使ってれば充電はあるだろうし、ハッキングから逃げるためじゃね?」と大悟。「安西ってどんな人なの?」
夕子の質問が飛ぶ。「18歳でハッキングコンテスト優勝。偶然受けた心理学の講義で人間の心の働きに興味を持つ。現在は人間心理を応用したAI研究をしている。安西が今つくっている、
AI・motokoは人間の感情を読み取り、ある程度コントロールすることを目標としてる。」「感情をコントロールってきいたことない?レミングゲーム!!人の心をコントロールして自殺させる
ゲーム!」ということで、安西の足取りを追うことに。

 安西の部屋に潜入し、スマホでネオに部屋の中を確認してもらっている夕子。「正面のマシンよく見せて。」ネオの指示に従い、マシンを見せる夕子。「その三面のディスプレイの
後ろ。繋がっている大きな筐体。それがAI・motokoだ!GE-BOXにUSBついてたろ。悪いソフト(マルウエア)が入ってる。スマホのデザリング機能でmotokoを無理矢理ネットに繋げるように
なる。それをポートにさせ。僕が中身を見てやる。」
 夕子は指示通りつないだのですが、そこに安西が入ってきた。隠れる夕子。GE-BOXは机の上に。急に抜くと誤作動の元だからと回収はせずにそのままの状態。

 「あれ?安西の車あるぞ。ナンバーも間違いない。あいつ逃げたんじゃないのか・・・?」駐車場にきていた大悟。「なるほど。鍵忘れてとりにきたんじゃない?」とネオ。GE-BOXの隣に
安西の車の鍵。そして、その机の影に夕子。ピンチです・・・「もう無理だって!!抜いていい!?」「あとちょい・・・」
近づいてきた安西。そして鍵を取り、部屋を後にした・・・「ギリギリ間に合ったね。」GE-BOXは見つかる前に夕子が回収していた。

「目ぼしい情報をぬいた。興味深い動画あったけど見るかい?」その動画はビルの屋上らしき場所から女性が飛び降りる映像。「motokoが機械学習するための教材だ。似たような動画は
他にもあった。レミングゲームで自殺場所と日時を指定。そこをカメラで写したんだろう。要するにプレイヤーはmotokoを育てるための餌だ!!」その言葉に動揺する夕子。
「じゃあ咲は・・・咲も・・・!!」「そうはならない。安西は撮影のため、必ず咲さんの元に現れる!そこを叩きのめし咲さんを救い出す!僕らは安西の居場所さえ見失わなければ
いい。」「でも安西はさっき、車の鍵を持って・・・」急いで立ち上がり、部屋をでようとする夕子。

どんっ!丁度部屋の前に居た大悟と激突。「大悟ちん、なんでここに!?安西は!?」「車で出てった。」その言葉に表情が険しくなる夕子。「駄目だよ!安西のスマホ、ネオちんでも
追えないんだよ!?安西見失ったら・・・咲に辿り着けなくなっちゃう!!」さえぎるように大悟が言う。「ユッコ、落ち着け。安西の居場所ならわかる!俺のスマホを安西の車に
隠しといた!発信機がわりだ!」「でっでもどうやって!?」

?なユッコに電話でネオが話し始める。「君、安西の車の鍵見つけたろ?スマートキーは常に電波を発してるけど射程が1~3mと短く、研究所から駐車場まではとても届かない。そこで
GE-BOXのデータロガーって機能の出番!そいつは内蔵チップが、拾った電波の信号をデジタルデータとして蓄積できる。つまり、スマートキーの信号をスマホで送れるデータにした!
それを薬袋に送信。あとは受け取った側でもう一度GE-BOXを使えばスマートキーと同じ電波をつくることができる。それで車の鍵は開く!!中継攻撃ってハッキングさ!」
「よくわかんないけど、とにかく大悟ちんのスマホを追えば・・・・」

「レミングが咲さんの所まで案内してくれる!」

ネオレイション(neO;lation)5話の感想

 レミングの正体、そしてレミングゲームの目的が今回はっきりとしました。AIの成長のために人を殺すって・・・・どのような神経してるのか信じられませんが。それにしても夕子の
潜入は危なっかしかったですね。一応安西には見つからなかったようですが、本当に見つかってないのかと言ったら個人的には微妙に思っています。(。-`ω´-)ンーもし仮に見つかっていたら
先の展開が嫌な感じになってしまいますが・・・

 はたして救い出すことができるのか?またどのように救い出すのか楽しみです。

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.