最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

呪術廻戦【ネタバレ】45話「賢者」感想!

投稿日:

呪術廻戦【ネタバレ】45話「賢者」感想!

 

前回は加茂と伏黒との戦いの途中で呪霊が現れたところで終わりました。今回はその呪霊との戦いのお話です。

いきなりですが、筆者は前回勘違いをしておりました。
以前真人と一緒にいる侵入者が花御だと思っておりまして、随分見た目と反してファンシーな名前だなと。ところが花御は特級呪霊でした。もしも混乱させてしまっていたら申し訳ありませんでした!

呪術廻戦【ネタバレ】45話

場所は職員のいる部屋

ボボボッ

生徒達を表す札が勢いよく燃えている

歌姫「団体戦終了・・・?
しかも全部赤色(東京校)!!」

夜蛾「妙だな
カラス達が誰も何も見ていない」

五条「GTG(グレートティーチャーゴジョー)の生徒達が祓ったって言いたい所だけど」

夜蛾「未登録の呪力でも札は赤く燃える」

歌姫「外部の人間・・・
侵入者ってことですか?」

冥冥「天元様の結界が機能してないってこと?」

楽巌寺「外部であろうと内部であろうと不測の事態に変わるまい」

(あれを祓ったとなるとそれなりの手練れ・・・
何者だ?)

夜蛾「俺は天元様の所に
悟は楽巌寺学長と学生の保護を
冥はここでエリア内の学生の位置を特定
悟達に逐一報告してくれ」

それぞれの行動を指示する

冥冥「委細承知
賞与期待してますよ」

五条「ほらお爺ちゃん!散歩の時間ですよ!!
昼ご飯はさっき食べたでしょ!!」

歌姫「無視して急ぎましょう」

侵入者「『闇より出でて闇より黒くその穢れを禊ぎ祓え』」

ドドドドド

歌姫「五条!!
‘’帳‘’が下りきる前にアンタだけ先行け!!」

五条「いや無理」

歌姫「はぁ!?」

五条(実質あの‘’帳‘’はもう完成してる
視覚効果より術式効果を優先してあるのか
上手いな・・・)

「ま、下りた所で破りゃいい話でしょ」

帳に手を伸ばした

バチィィィ

(なんだこの違和感・・・?)

歌姫「ちょっと!
なんでアンタがハジかれて私が入れんのよ」

五条「成程
歌姫 お爺ちゃん先に行って

この‘’帳‘’

五条悟の侵入を拒む代わりにその他‘’全ての者‘’が出入り可能な結界だ」

歌姫(確かにそれなら辻褄は合う
でも特定の個人のみに作用する結界なんて余程・・・)

五条「余程腕の立つ呪詛師がいる
しかもこちらの情報をある程度把握してるね

ほら行った行った
何が目的か知らないけど、一人でも死んだら僕らの負けだ」

伏黒達の現場ではー

加茂「何故高専に呪霊がいる
‘’帳‘’も誰のものだ?」

伏黒「多分その呪霊と組んでる呪詛師のです」

加茂「何か知っているのか?」

伏黒「以前五条先生を襲った特級呪霊だと思います。
風姿も報告と近い

あの人の絵でもわかるんだな」

狗巻「ツナマヨ」

手の形で電話を促す

伏黒「そうですね。五条先生に報告しましょう」

加茂「ちょっ・・・と待て
君は彼が何を言っているのか分かるのか?」

伏黒「今そんなことどうでもいいでしょ
相手は『領域』を使うかもしれません
距離をとって五条先生の所まで後退ーーー」

加茂の背後に花御が現れ、伏黒のスマホを破壊した

狗巻「『動くな』」

花御は動けなくなった

加茂(赤血操術

『苅祓(かりばらい)』

ダメージなしか!!)

次は鵺が上から突進してきた

花御はその威力で地面に膝を着く

その後何度か鵺は突進を繰り返し、伏黒が呪霊の足を黒い刀で切ろうとするも

伏黒「チッ
(流石に固いな)」

加茂(あの刀どこに隠し持っていたんだ?)

その時、花御が何か話し始めた

花御『やめなさい 愚かな児等よ』

伏黒(なんだこれ
音では何言ってんのかわかんねぇのに意味は理解できる)
「気持ち悪いな・・・!!」

花御『私はただこの星を守りたいだけだ』

加茂「呪いの戯言だ 耳を貸すな」

伏黒「低級呪霊のソレとはレベルが違いますよ」

花御『森も海も空ももう我慢ならぬと泣いています
これ以上人間との共存は不可能です
星に優しい人間がいることは彼らも知っています
しかしその慈愛がどれだけ足しになろうか
彼らはただ‘’時間‘’を欲している
‘’時間‘’さえあれば星はまた青く輝く』

伏黒「独自の言語体系を確立してるんです」

加茂「・・・狗巻を下がらせろ」

花御『人間のいない‘’時間‘’
死して賢者となりなさい』

呪術廻戦【ネタバレ】45話の感想!

今回はここで終わりました。
次回に危険すぎる星の守り人との対決になる予感です。

侵入者がもう少し関わってくるのかと思ったら、この呪霊とは関係無さそうなのでまた違うときになりそうです。ただこの侵入者はあの帳を召喚しちゃうくらいの人ですから、五条にとってかなりの強敵となるでしょう。

43話で狗巻と花御が会話するシーンがありました。二人が何を言っているのかわからないため、会話成立してるのかと疑問がありましたが、その謎が解明されました。

音としては理解できないけど、内容がわかる。
これは相当気持ち悪いでしょうね。

某学習塾のCMで、お爺さんが直接心に語りかけるのありましたよね。多分能力的には一緒っぽい。

花御は慈愛に満ち溢れています。
この星を守りたい。自然を守りたい。
神に近い、そんなラスボス感が漂っています。

この3人で戦う・・よりも、他の京都校と東京校と共闘しないかなと密かに期待してます。

次回が楽しみです!

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.