最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊ヤングジャンプ

ゴールデンカムイ【ネタバレ】176話「それぞれの神様」感想!

投稿日:

ゴールデンカムイ175話あらすじ

チョウセンアサガオによる意識の混濁から回復した牛山と合流し、手分けして関谷を追う門倉。

現場に残された蚕の繭から門倉がたどり着いたのは「繭種製造所」だった。

そこで待ち構えていたのは、関谷による「繭種雄雌鑑別器」を使った毒物ロシアンルーレットだった。

土方救出のため言われるがままに毒物ロシアンルーレットを行った門倉はトリカブトの毒で倒れてしまう。

一方で、門倉が救出しようとしていた土方はフグ毒と共にトリカブトも同時に摂取しており、これらの拮抗作用によって意識を取り戻していた。

土方は意識は戻っていないと考えていた関谷に瀕死の重傷を負わせることに成功し、門倉も毒の苦しみから逃れようとフグ毒を服用したころで一命を取り留めていた。

関谷との決着がついたところで、ゴールデンカムイ176話「それぞれの神様」始まります。

漫画「ゴールデンカムイ」無料で全巻!電子書籍で読めるのか!?

漫画を読むなら買いに行く手間を省いてサクッと読みたいですよね。 数年前まではブックオフで古本を探したり、ゲオでレンタルが出ていないか探したり。 単行本を実際に読んでいたんですが、今はスマホで漫画を読む ...

ゴールデンカムイ176話のネタバレ

『この時代に老人を見たら「生き残り」と思え』

土方に瀕死の重傷を負わされた関谷はなんとか立ち上がり、建物の外へと向かっていた。

「飲んだのがフグ毒だとわかって、すかさず致死量を相殺するだけのトリカブトを飲んだ・・・?」

「あの中からトリカブトだけを選び出すことが出来たと言うのか・・・・?」

関谷はそう言いながら建物の外まで出るが、そこで力尽き空を仰ぐように倒れこんでしまう。

「飲まなければ確実に死ぬなら、一か八かに賭けての飲むしかない」

「度胸と経験が運命を引き寄せたと言っておこう」

土方の言葉に関谷はありえないと否定し、そんなことは奇跡だと反論する。

「そう・・・ まさに奇跡 やはり神はいた そう思うだろ? 土方さん」

「神はようやく俺に裁きを与えやがった」

関谷はそういうと満足したかのように、息を引き取った。

そんな時に現れたのは名探偵門倉である。

「自分の信仰心と娘の理不尽な死に折り合いをつけようと、殺しを重ね凶悪な自分を創り上げたんじゃないですかね」

「娘の死は自分に対する神の罰であるはずだ・・・ ってね」

名探偵門倉の推理に、土方は「神のことはよくわからん・・・ 私は現世にしか興味はない」と返す。

「この世に生れ落ちて命をどう使うか・・・ 私はそれでいい」

一方で、門倉と別れて土方の捜索をしていたキラウシは氷の湖上で門倉の身を案じていた。

『ありがとうオベンチョ・・・』

キラウシが門倉の身を案じていた頃、牛山を湖に落としたチヨタロウは自身の町を歩いていた。

そこにチヨタロウをいじめていた少年達と出くわすが、チヨタロウが睨むと少年たちは汗を流しながらその場を退散してしまう。

チヨタロウはオベンチョによる効果を確かに感じていた。

「ありがとうオベンチョ・・・」

「きみのことは忘れない」

『杉元の追跡』

アシリパ達を追跡する杉元達はトナカイと共に暮らす「ウイルタ民族」の集落に到着していた。

そこで杉元はアシリパがここに立ち寄ったことを知り、安堵の表情を浮かべる。

安堵の表情を浮かべる杉元の隣では、月島が手を叩きながら鯉登を呼んでいた。

離れたところにいた鯉登は華を真っ赤にしながら「小さいトナカイがいた」と嬉しそうに月島に言うが、月島は顔色一つ変えず「そうですか」と言い放つ。

それを聞いていた杉元は鯉登にトナカイの首輪をつけたらどうかと言う。

「まったく杉元は嫌味な男だな?月島」

そう月島に聞く鯉登だったが、月島は何も言わずトナカイの首輪をジッと見つめている。

これには鯉登も焦ったのか「なぁ!月島ぁん」と声を上げる。

ウイルタ民族の天幕の中で暖を獲りながら、杉元は「亜港監獄まであと少し・・・ アシリパさんは近いはずだ 急がないとな」と言う。

真剣な杉元の隣では、チカパシとエノノカは天幕の中にあったものに興味津々だった。

近くにいた谷垣にこれは何かと尋ねるチカパシとエノノカだったが、谷垣は「ネズミ」と言い、話を聞いていた杉元は「犬」だと言う。

ウイル民族の男によると、ナーナイ族の男が置いていったもので何かはわからないとのこと。

鯉登も「樺太の生き物か? クズリじゃないのか?」というが、杉元は「ぜってー犬だろ」と譲らない。

チカパシとエノノカが見つけたものは、木彫りの犬のように見える不思議なものだった。

『亜港監獄』

一方の亜港監獄では、キロランケとソフィアの「牛乳文通」が続いていた。

火であぶると文字が浮かび上がる牛乳をインクとする手紙は、実際に当時の囚人によって行われたという。

囚人はパンで牛乳の「インク壺」を作り、看守の気配がすればインク壺ごと口に放り込み食べたとか。

牛乳文通が行われるなか、亜港監獄に白石が潜入していた。

潜入している白石はは大胆にも囚人のフリをして、堂々と看守の前を横切っている。

看守に止められることなく、白石は内部の協力者に大きな袋を渡すとそそくさと監獄から退散する。

袋の中身について、話は少し戻る。

白石が監獄に潜入する前、アシリパ達は監獄の近くにある「ニラヴ民族」の集落を訪れていた。

(ニラヴ民族は樺太で最も人口の多い少数民族で樺太アイヌとよく似た生活をしていたという)

集落のなかでアシリパは、ニラヴ民族の帽子に「耳」がついてると言い「その帽子いいな」と言う。

ニラヴ民族の集落を後にした、アシリパ達はキロランケに計画の目的を再確認する。

「アシリパちゃんの父親をよく知る、ソフィアという女を脱獄させて引き合わせれば、金塊の暗号を解く何かがわかるかもしれない・・・」

「・・・ってことだよな?」

そう言ったのは白石であり、白石はさらに言葉を続ける。

「可能性はあるかもしれないけどよ 危険に対して収穫が釣り合わないじゃねぇの?」

白石の言葉にアシリパの表情も真剣になっている。

白石の問いキロランケは監獄の中には、むかし一緒に戦った仲間もいると答える。

「なるほどね そいつらを味方につけようってか」

白石がそう言うと、次はアシリパが質問をする。

「もしその人達の協力で金塊を見つけたとして、本当にアイヌのためになるのか?」

このアシリパの言葉に、隣にいた尾形の目つきが鋭くなる。

「もちろんだ」

「アイヌだけじゃなく、ウイルタやニラヴのためにもなる」

「樺太やロシア極東で生活する少数民族が彼らのままで居続けられるように・・・」

一方で亜港監獄では、収監されているソフィアのもとに白石からの大きな袋が届いていた。

その袋な中身は、ニラヴ民族の衣装であり、逃走用にと差し入れられたのであった。

脱獄の準備が着々と進むところで今回はここまで!

漫画「ゴールデンカムイ」無料で全巻!電子書籍で読めるのか!?

漫画を読むなら買いに行く手間を省いてサクッと読みたいですよね。 数年前まではブックオフで古本を探したり、ゲオでレンタルが出ていないか探したり。 単行本を実際に読んでいたんですが、今はスマホで漫画を読む ...

ゴールデンカムイ177話考察

アシリパがキロランケに聞いた「アイヌのためになるのか?」という質問のキロランケの答えが、ロシア帝国打倒のために使うと言ってるように聞こえますね。

キロランケはアイヌのみならず、ウイルタやニラヴのためにもなると言いますが、北海道のアイヌが掘った金を国を超えて他民族のために使うのも違和感が残ります・・・

次回は亜港監獄の脱獄計画がはじまるのでしょうか?

杉元たちもアシリパに追いつくまであと少しの様ですし、今後の展開が気になるところです!

次回も見逃せませんね!

漫画「ゴールデンカムイ」無料で全巻!電子書籍で読めるのか!?

漫画を読むなら買いに行く手間を省いてサクッと読みたいですよね。 数年前まではブックオフで古本を探したり、ゲオでレンタルが出ていないか探したり。 単行本を実際に読んでいたんですが、今はスマホで漫画を読む ...

スポンサーリンク

-週刊ヤングジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.