最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ランウェイで笑って【ネタバレ】50話感想!「本気でやらなきゃ」!?

投稿日:

ランウェイで笑って49話のあらすじ

ランウェイで笑って【ネタバレ】一覧

母親の入院費を払うため、柳田さんと綾野遠の手伝いをやめた育人。

バイトに奔走する育人でしたが、千雪の父親が育人のデザインを買い取ったことで資金問題が一気に解決しました。

一方千雪は、パリのモデルオーディションで全く相手にされず、落ち込んでいました。

そんな時、千雪の前に育人が現れ、芸華祭ファッションショーのモデルを依頼されます。

2人は早速ショーに向けて準備を始めるのですが……。

[st_af id="678"]

ランウェイで笑って50話ネタバレ

芸華祭に向けた準備を進める最中で、千雪が突然話を振りました。

「柳田……さんとは、結局どうなってんの?」

育人は手伝いをやめてから、柳田さんと連絡を取れずにいました。

育人に代わって千雪が電話をかけるのですが……

「この電話はお客様のご都合によりお繋ぎできません」

携帯から聞こえてきたのは着信拒否のアナウンスです。

少し落ち込んだ育人は、柳田さんと話をつけてくれたという同僚、心の話を始めました。

「服を作る仕事をしたい。でもすごく反対されてて」

「家でも練習して、職場に最後まで残って練習して」

「今も頑張っているはずなんです」

「『本気でやらなきゃ認めてもらえない』って言ってたから」

育人の最後の言葉に、千雪の脳裏にいつか見たモデルの姿が過ぎります。

千雪が落ち込んだ原因でもあるモデル。

そのモデルの前で口にした言葉が、頭から離れません。

「わたしはさ、『認めてもらう』って言うより、『見返したい』って人ならたくさんいる」

「育人にはそういう人、いる?」

「やってやろうよ、わたしたちで」

拳を合わせる育人と千雪。

見返したい人のためにも、頑張ることを決意します。

柳田さんの事務所へとやってきた育人と千雪。

なかなか行きたがらない育人を無理やり千雪が連れてきたようです。

ですが、事務所から出てきたのは柳田さんではなく心でした。

その姿に、千雪の目が見開かれます。

千雪と心の関係を知らない育人が慌てて紹介しようとしますが……。

「この人だよ、私が前に話した『すごいモデル』」

驚く育人に代わり、千雪が柳田さんの所在を尋ねます。

柳田さんは留守で、心はこれから仕事のため出かけなければなりません。

「あとで電話します」と育人に言い残して去っていく心。

千雪は、育人が言っていた心について語る言葉を思い出します。

「ごめん、育人。……あの子追いかける」

それだけ言い残して、千雪は走って心を追いかけてしまいました。

「ムカつくな」

「わたしが望んでも手に入らないもの全部持つ才能も、それを全部捨てようとしている浅はかさも」

「本気と言いながら中途半端に従っているところも」

「わたしもたったひとつのために全てを捨ててる人間だからね。浅はかなバカは嫌いじゃないんだ」

心を追いかけながら、千雪は心の中で苛立っていました。

ようやく心とそのマネージャーの元に追いつくと、声を荒げずにはいられません。

「本気なら……今、抵抗しろー!」

千雪の言葉に、咄嗟にマネージャーに抵抗した心。

心が話を持ちかけるも、マネージャーは聞く耳を持ちません。

千雪が口を挟もうとするも「黙れ、底辺モデル」と一喝されてしまいます。

そこにようやく育人が追いつきます。

育人の姿に、ついマネージャーは口をこぼしました。

「その様子だと金はいらなくなったみたいだな」

「ちょっと待って……育人に何した?」

「長谷川心をモデル起用しないかともちかけただけだ、少し色をつけてな」

「あんた、人の親をなんだと思って――」

「今からでも遅くない。そこのチビはお前の足を引っ張り続けるぞ」

マネージャーの言葉に千雪の顔が変わりました。

マネージャーに向けて声を荒らげるも、マネージャーは動じません。

「ショーがある度に千雪を起用する気か? わざわざハンデを負って」

「全力でやれよ。親の病気を押してまで出たかったんだろ?」

悪びれる様子のないマネージャー。

そんなマネージャーの言葉に、ついに千雪の我慢が限界を迎えました。

「そんなに才能才能うるさいならさ」

「その子に服飾の才能があれば、モデルを辞めてもなんの問題もないってことよね?」

「ハンデの私を背負ってショーで結果を出せば、紛れもない天才よね?」

「わたしは長谷川心のショーに出る」

千雪は堂々と宣言しました。

育人に謝るも、後悔している様子はありません。

「次は……ライバルでいこう」

千雪の挑戦的な顔に、育人は大きく目を見開くのでした。

[st_af id="680"]

ランウェイで笑って50話感想と51話の考察

ついに心と千雪が遭遇しました。

千雪の言葉を聞いて咄嗟にマネージャーの手を振り払うあたり、心はやっぱり服飾に進みたいんだなと実感しますね。

「アタシも事務所も何も認めないぞ」って、どこのブラック企業でしょうか。

辞めたくても辞められないとか、ブラック企業そのものじゃないですか。

それにしても心のマネージャー、ムカつきますね。

育人にお金で取引を持ちかけたマネージャー。

マネージャーが口に出すまでは誰も取引について知らなかったようです。

育人、一人で抱え込んでいたんですね。

千雪なんか、怒りすぎて顔がかなり変わってます。

「見返したい人がいる。パパと雫さんと、わたしの大切なものをあざ笑った人全員」

心のマネージャーに向けて発言する時の千雪の心の声がすごくカッコイイです。

心の状況も、心を引き止めるために貧乏な育人にお金の取引を持ちかけたことも。

その全てが千雪にとって許せないこと、なのでしょう。

そして柳田さん、着信拒否ってなんで……。

電話とか面倒くさいってなったんですかね。

それとも、芸華祭が終わってから育人と接触するつもりだったのか。

柳田さんはまだ何か隠していそうです。

綾野遠と話しているのでしょうか。

次話タイトルは「本気でやらなきゃ」

千雪は長谷川心のショーに出ることになりました。

となると、育人はモデル探しからやり直すことになります。

ただでさえ時間がない中、育人はどうやって芸華祭に向けた準備を進めるのでしょうか。

心と千雪のチームはどうなるんでしょう。

柳田さんと綾野遠も気になりますが、育人と千雪がどうなるかも気になります。

千雪が心のショーに出るのなら、心が育人のショーに出てほしいです。

育人には千雪と心以外に、モデルになりそうな人がいるとは思えないんですよ。

柳田さんや藤戸社長が動くのでしょうか。

綾野遠のチームはどうなっているのでしょうか。

次回も見逃せませんね。

【ランウェイで笑って】が面白い!漫画村じゃない無料で読む方法!

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで2017年からスタートし、現在も連載中の漫画になります。 作者は「猪ノ谷言葉」さん 単行本も現在5巻まで出ています。 少年誌にしては珍しいファッション業界を題 ...

週刊少年マガジンの最新号を無料で読む方法!!

毎週水曜日発売の週間少年マガジン この雑誌を無料で読むことができるなんてなんと素晴らしいことでしょうか! 海賊版サイトの閉鎖が相次ぐ中、 【立ち読みはどうなんだ?】 という議論もちらほら… まあ立ち読 ...

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.