最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

五等分の花嫁【ネタバレ】64話『スクランブルエッグ④』感想!

投稿日:

五等分の花嫁【ネタバレ】64話『スクランブルエッグ④』

四葉の悩みと偽五月が判明!?

 

一人目、

「自己紹介ですね

中野五月5月5日生まれ

17歳のA型です」

二人目、

「好きなこと・・・ですか

やはりおいしいものを食べている時は

幸せですね」

三人目、

「なっ

そんなこと答えられません!

上杉君!女の子にそのような質問をするのはいけませんよ!」

四人目(何もしゃべらず)、

と続きますが、フータローは

「くそぉ

全然違いがわからねぇ!」

とクローンを疑うほどに改めて5つ子達がそっくりだと思い知らされています。

 

一人の五月に質問がないなら・・と言われ、これだけは聞いておかなきゃいけないと言うフータローは

「なんで全員五月の変装なんてしてんだ?」

と聞きます。

 

「えーっと・・・ですね・・・」

と言い淀む五月の反応から

フータローはもしかして・・・と思いながら話を聞きいています。

 

「話すと長いん・・・

の・・・ですが・・・」

 

一生懸命五月のように話そうとする五月に変装したうちの一人が説明をし出します。

 

「昔からそっくりで自他共に認める仲良しさんだったのです

お爺ちゃんもそれを見て喜んでくれてました

ある日私が違う格好をしてみたんです」

 

ここでフータローに

「どんな格好なんだ?」

と聞かれ

「今と同じウサちゃんリボ・・

おーっと危ない!

誘導尋問とは卑怯ですよ上杉さん!」

 

この会話でフータローはこの五月に

「お前四葉だろ!」

と気づきました。

 

フータローは四葉が一番嘘をつくのが下手だから暴きやすいと思っていたようです。

 

なんのことだかわからないととぼける四葉が、五月が続けますと話出します。

 

お爺ちゃんが5人が同じじゃなくなっていたのを見て、仲が悪くなったのじゃないかと心配して倒れてしまったようです。

 

それ以来お爺ちゃんの前ではそっくりでいると皆で決めていたのでした。

 

五月の変装なのは、話し合いの結果決まったことだったのです。

 

四葉は、春休みに入りこの旅行が決まってから、ちゃんと変装できるか不安だったと話します。

 

フータローは四葉がずっとこの変装で悩んでいたのがわかり、偽五月が四葉ではないと推理します。

 

案の定しょうもない悩みだったと付け加えます。

 

「あんな怖い爺さんのために偉いな」

と言うフータローに

「とっても優しい人ですよ

私大好きです」

と返す四葉にフータローは

『しょうもない悩みだろうがこいつらは真剣だ』

と、他の5つ子達の悩みも聞いてやれたら・・・と思うのでした。

 

 

一通り話して見分けられたか聞かれるフータローでしたが、先程わかった四葉も既にわからなくなり、5つ子達にガッカリされます。

 

そこに、お爺ちゃんがやってきました。

 

5つ子達は心配しているらしいお爺ちゃんにそっくり仲良しだと言うとニッコリ笑うお爺ちゃん。

 

フータローはというと、5つ子達が入っているコタツの中に隠れていました。

 

コタツの中でフータローは昨夜の偽五月の怪我の痕があるかもしれないと、5つ子達の怪我を探し出しました。

 

その結果、偽五月を見つけます。

 

そんなフータローを残し朝食を食べに行く5つ子達。

 

移動中に、二乃は一花を誘い二人で朝風呂に行こうと誘います。

 

 

一方フータローは、一人残っていた5つ子から呼び止められます。

 

誰なのかわからず、ヒントを出されますが当てることはできず、わざとでしょと5つ子の一人は膨れっ面に。

 

ガチでわからんとフータローは全然見分けられません。

 

正体は三玖でした。

 

フータローといっしょに応募した懸賞で間違って前の住所を書いてしまったから父親と旅行に来ることになったと三玖が説明します。

 

外見だけではさっぱりわからないフータローでしたが、前に五月に愛があれば見分けられると言われたのを思い出し、諦めず三玖を観察していくフータロー。

 

フータローには、三玖の悩みに心当たりがあり、

『呆れるぜ

俺はいつからそんなことを考えるようになったんだ』

など考えていましたが、降参するから教えてくれと言います。

 

しかし、三玖から

「もう少し頑張ってみてよ

私も・・・

当てて欲しい

フータローに」

と顔を赤くしながらな言われます。

 

そんな三玖に

「じゃあせめて足を見せてくれ」

と返すフータローの元にお爺ちゃんが戻ってきました。

三玖に何もされていないか心配するお爺ちゃんを見て、フータローは顔だけで三玖を判断できるお爺ちゃんをただ者じゃないと気づき、お願いがあると追いかけていきました。

 

場面は朝食を食べる大広間に変り、そこには四葉が一人でみんなを待ってます。

 

五月の真似をして

「お腹が空きましたぁ~」

と言う四葉。

 

また場面は変り風呂にいる一花と二乃。

 

足をどうしたの?という会話をしています。

二乃は一花がたくさん告白されているから話が聞きたくて風呂に誘っていました。

二乃は

「他の子には言えないわ

好きな人ができたの」

と一花に打ち明けます。

 

 

その頃五月はいまだに父親を引き止めていて

『いつまでここにいればいいのでしょう・・・

そろそろお腹が空きましたぁ~』

というところで今回の話は終わりました。

 

 

五等分の花嫁64話スクランブルエッグ④の感想

 

 

二乃が一花に好きな人がいるのを打ち明けました!

 

偶然フータローに告白している二乃を見ていた一花ですが、二乃にどんな反応をするんでしょうか。

 

フータローも三玖の気持ちに何となく気づいているみたいなのが、驚きでした。

 

フータローははっきり言われないと気づかないと思っていたので(笑)

 

この調子で二乃、三玖、一花に好かれているとフータローは知っていくんでしょうか?

 

そして、5つ子達が五月の変装をしていたのはお爺ちゃんを想ってのことでした。

 

お爺ちゃんは5つ子達が大好きなんですね。

 

お爺ちゃんも5つ子達もお互いに大切に思いあっている良い関係のようです。

 

そんなお爺ちゃんにフータローは5つ子達の見分け方を教わろうとしているようですが、うまくいくんでしょうか?

 

今回怪我のおかげで偽五月を見つけたフータローでしたが、風呂での会話からは一花のように思えました。

 

こんなにあっさり偽五月が判明するのかと逆に一花ではない?と深読みしてみたり。

 

次回は偽五月の話もあるかな?

あとは次回の一花と二乃の会話が楽しみです!

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2020 All Rights Reserved.