最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

Dr.STONE【ネタバレ】88話「ヒトの翼」感想

投稿日:

Dr.STONE【ネタバレ】88話「ヒトの翼」

 クロムは千空たちが気球を作っていることを知り、それに携わるためにダッシュで村に向かって走り出す。そのころ千空は気球が飛ぶための温度や大きさを踏まえて乗ることができる人数は3人であることを割り出す。
村人が総出で気球の布を縫い合わせている。現代人の陽は裁縫が下手で針で指を何回もさしているとそれを見たマグマが現代人は使えないなと爆笑しているが言っている本人も特に裁縫はできないようだ。ほかの古代人たちは皮の服で裁縫をしょっちゅうしていたらしく、みなすいすいと縫っていく。馬鹿にされていた陽だがそのわきで杠がとんでもないスピードで裁縫をしており、現代人なめんなよとばかりにマグマに言い返していた。そして、いよいよ感性という時に3名の乗組員を決める話し合いを千空、大樹、ゲンの3人で行っていた。まずは気球の構造を熟知している千空は確定として、残りは2名。千空は、気球は自由には動けないから風を読むことができる人間が必要だといい、大樹は龍水に声をかける。それを見たゲンはまたぼったくられると焦りまくっていたが、その手の交渉はお前に任せると千空に言われる。するとゲンはカードを取り出し、全員の中からカードでくじ引きをして乗る人間を決めるといい始めた。龍水にたまたまくじで引かせてただでやらせようなんてはったりが通るのかと千空と杠は疑っている。トランプをひろげ、一枚のカードだけ少し前に出し、龍水にひかせるように仕向けるゲン。龍水は力を借りたいのなら素直に言えといいつつもゲンの小細工に免じてパイロット報酬は負けてやると言い、一枚だけ前に出たカードを引く。しかし、そのカードははずれで龍水は定員の資格がゲットできなくなってしまった。すかさずゲンもカードを引き、いかさまで当たりをゲットするが怖くて乗りたくないと演技をし始める。すると千空は新世界で人類初の飛行者になれるプラチナチケットがいらないのかと大きな声で龍水に聞こえるようにゲンに言う。それを見ていた龍水が代わってやってもいいぞとゲンに言うがゲンもただってわけにはと言い、結局、大金を払い当たりを龍水が買うことになった。ゲン曰く、人間は手に入ったかと思ったものを失うのが一番惜しくなるという心理を利用し、龍水を見事丸め込んだ。ラストの1枚は運でいいかとゲンが千空に尋ねたころ、ちょうどクロムが村に到着した。クロムはどうしても空から地球を見てみたいという。千空に地球は丸いと聞いたが聞いただけであり、自分で実感したことがないため、自分で見てみたいという思いがあった。ゲンはまたトランプを広げると一枚だけかすかに前に出し、クロムにひかせる。クロムはそれを引き、よっしゃー!と当たりのカードを空高く掲げる。スイカと陽は自力で引いたとばかり思っていて、関心している。
 そして、夜になり龍水はこの風なら空を飛べると言い、ついに出発。気球が浮かんだことにクロムは驚いている。それを見ていたマグマも同様に驚いている。はるか上空にいき、クロムたちは空の上から朝日をみて感動して涙を流している。そして、この世界のすべてが見たいとつぶやく。千空も石化光線が出た地球の真裏に何があるのか俺も見たいという。そして、龍水はそこに必ず連れてってやると言う。  完。

Dr.STONE88話の感想

今回はついに千空たちが気球で空に旅立ちました。やっぱり、そもそもの航海のことも考えて常にどんな時でも千空たちは金集めをしてますね(笑)。ゲンのカード操作、心理操作はあっぱれでした。本来なら、金を積んで頼むところを金を出させ頼ませるようにするなんて言うのはさすがゲン!!わたしの個人的に一番好きなキャラです(笑)。
まぁ、とりあえず気球の目的地は静岡なので特に何の問題も起こらずにつくのかな?それとも気球編も一筋縄ではいかないのか。来週以降ではついに龍水が本領発揮できる分野だと思うのでとても楽しみですね。

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.