最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊ヤングジャンプ

キングダム【ネタバレ】「雷獄」と586話考察

投稿日:

キングダム【ネタバレ】「雷獄」

【 十三日目 玉鳳隊vs雷雲十槍 】

ついに王賁をその視界に捉えた雷雲十槍。

玉鳳本陣に突入し、王賁直下の親衛隊と激突!

王賁を守るべく十倉の前に立ちはだかる親衛隊。

「っオオ」

それまでの勢いを止められる雷雲十倉。

「ほぅ やるな」

数で勝る親衛隊は花弁の陣で応戦。

ドドドドドドド

さすがの雷雲十倉も防戦に回らざるを得ない槍の数です。

「フッ 悪くない 我らだけであったら苦戦していた」

その言葉の意味をすぐに知ることになる親衛隊。

雷雲十槍の後方から現れた尭雲!

ゴッ

たった一振りで雷雲十槍を止めていた親衛隊を撫で斬り!

攻めてきた小隊の中に敵将尭雲がいることを知る王賁。

王賁親衛隊も王賁自身も予期せぬ尭雲来襲に驚愕。

ついに王賁と尭雲が激突!

雷雲十槍のうち3人と尭雲とが四方から同時に王賁を攻撃!

ドドドド

槍一本でそれら攻撃をいなす王賁。

しかし尭雲の一撃は重く、槍で受ける防御しかとれません。

親衛隊が王賁を助けようとしますが

残りの雷雲十槍が周りを囲みそれを許しません。

この戦法の名は「雷獄」といい、

厄介な秦六将を討つために生み出された術。

秦六将に使う機会は無かったようですが

かつて列国の将軍・大将軍を幾人も葬っている術です。

雷雲十槍のひとりが自信たっぷりにいいます。

「尭雲様と雷雲十槍のこの囲いを受けて

生きて外に出た人間は一人もいない」

【 玉鳳隊右翼 vs 趙・趙峩龍軍 】

趙峩龍の動きに対応するべく

玉鳳右側に移動していた副将の番陽。

王賁のいる本陣に異変が起きていることを察知します。

「ここは任せるっ 三百騎ついて来い!本陣に戻る!」

ただごとではない事態が起きていると番陽は確信。

馬を走らせます。

しかし、その動きを予測していた趙峩龍。

救援に向かう番陽たちを趙峩龍軍が阻みます。

ドドドド

番陽の前に現れた趙峩龍。

「老兵よ残念だが・・ここは通さぬぞ」

番陽はハメられたことに気づきます。

『ほ・・賁様ーーー!』

【 王賁 vs 「雷獄」 】

雷雲十槍三人と尭雲の同時攻撃に防戦一方の王賁。

ドドドドドドド

十槍の中に入れない親衛隊の所へ関常隊が駆け付けます。

しかし、

雷雲隊をかろうじて止めていたのは関常隊です。

関常隊が本陣に戻って来たということは結果的に

雷雲隊も玉鳳本陣に突入することに。

関常が親衛隊に向かって叫びます!

「乱戦になるぞお前達!その隙に若を救い出せ!」

関常は乱戦になると想定していましたが、

雷雲隊は十槍と合流すると囲いを強化。

親衛隊と王賁との距離はより離されることに。

王賁に近づけない関常・・

王賁も尭雲を目の前にしていながら攻めに転じられません。

やがて雷雲十槍の槍が王賁に届き始めます。

王賁の背中を突く十槍。

ドッ

その一撃で出来たわずかな隙をつき

頭部を狙う尭雲!

ドギャ

かろうじて槍の柄で受けますが

受けた柄が頭部に当たりふらつく王賁。

それを離れた場所から見ていた関常が叫びます!

「若っ!そこから脱する術はひとつしかない!」

関常の必死の叫びは王賁に届きます。

『関常か・・脱する術・・』

関常は王賁に声が届いたと信じて号令をかけます!

「行くぞ!ついて来いお前達!」」

関常のいう囲いから脱出する術とは

内と外からを直線で結ぶ一点突破。

王賁もそれを理解。

関常のいる方向へ馬を向けますが十槍が当然邪魔をします。

関常と合流出来るまで力が持つか不安がよぎる王賁。

王賁を心内をわかっているかのように関常が叫ぶ!

「残ってる力を全部使え!

囲いを抜けさえすれば あとは俺が助ける!」

「来いっ 来い若っ!」

残ってる力を全部使えとは

体力的負担の大きい攻めの技を温存することなく

全力で攻めに力を使えということであったようです。

王賁は攻めの大技を連発。

前方の敵に対しては龍巣。

後方の見えざる敵に対しては影龍指。

力を出し惜しみすることなく全力の王賁。

それに呼応し、雷雲隊の囲みに道を作っていく関常隊達。

そしてついに雷獄が突破され

王賁と関常が交差!

関常は王賁を追って来た尭雲に気づきます。

王賁は尭雲には気づいてはいません。

「若っ!」

王賁と入れ替わる形で囲いに入った関常の面前には尭雲!

尭雲の矛が振り上げられる!

両手を広げその刃が王賁に届くことを阻もうとする関常。

振り返ることなく王賁に向かい叫ぶ!

「そのまま走れェっ!」

キングダム 第585話「雷獄」END

【 キングダム 586話考察 】

今週は場面展開も必要最小限。

展開にスピードがあり、臨場感のある回でしたね。

【 王賁は討たれるの? 】

十三日目に王賁は討たれる・・

そう原先生は予告しました。

しかし、関常と関常隊の活躍により雷獄を脱出し、

態勢を立て直すチャンスを王賁は与えられたも同然です。

にも拘らず討たれるとは?

もったいつけますね、原先生は。

関常が尭雲の武を止められるとは思えません。

振り上げられた尭雲の矛は関常を葬りさる威力です。

王賁はその一撃を邪魔すると思われます。

ですが関常は助けられてもおそらく喜びません。

なぜ逃げなかったのかと怒るでしょう。

結果的に雷獄をさせないまでも

尭雲と雷雲隊との乱戦になると思われます。

そこに番陽を捕らえた趙峩龍が現れ

無残にも王賁の面前で番陽を殺してしまうか

番陽を餌にした罠を仕掛けることで

王賁は討たれてしまうのではないでしょうか?

王賁がいつまでもお坊ちゃまに見えるのは

お守り役の番陽が王賁の横に常にいるからです。

この長い趙国攻めの章、裏テーマは将の覚醒です。

番陽はその礎になる存在の気がしますが・・・

【 今回も戦いに卑怯も汚いもなかった尭雲 】

「全力で行くぞ 若き虎よ」

なんてことを先週尭雲は言っていました・・

たしかに言葉通り、全力で来ましたね。

今回は王賁一人に対して4人がかりで攻撃です。

十槍3人で馬南慈一人分の武ってことですか原先生?

信と戦った時、雷雲の皆さんどうしてたんですかね・・

尭雲の武が果たしてどれだけのものなのかが

どうにもハッキリ見えてきません。

ハッキリしているのはサシの勝負に拘らない漢であると。

合理的に安全に確実に仕留める雷獄といい

尭雲の戦いから藺相如の性格が窺えます。

臆病で慎重だったんでしょう・・

であるからこそ優秀な三大天であったと思われます・・

思われますが・・キングダム的にアツくありませんね。

【 原先生から何か聞けるかも? 】

2019年1月12日(土)TBS系列で放送の

「世界ふしぎ発見!」始皇帝特集に原先生が出演します。

キングダムでこれから描かれる戦いや政の施政について

原先生から何か話が聞けるかもしれませんね。

キングダムの世界を想像するうえで

補完してくれるような映像も見られるかもしれません。

ファンは必見ですよ!

スポンサーリンク

-週刊ヤングジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.