最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

マコさんは死んでも自立しない【71話】あらすじ

投稿日:

マコさんは死んでも自立しない【71話】あらすじ
前回70話でクリスマスデートをした帰り道にリンはマコさんに告白しました。
今回はその続きとなります。

「好きです」
と言ったリンですが、マコさんは直前に言った。
「帰ったらピザ頼もっか」
の言葉の答えと勘違いし
「ピザが?何ピザとる?」
と不思議な反応をされます。

「今までで一番勘違いのおちの確信あったわ」
「でも、今日は絶対思いを伝えるって決めたんです」
とリンが続けていうと、
「ピザに対する気合い凄い」
とマコさんはまだボケておりました。

スキ
「すき…、ススキ…(植物)? 隙あり?」
とまだとぼけた対応をするマコさんにリンは
「違いますよ! 行為とか恋愛の好き」
「マコさんのことが好きなの」
と言うと、マコさんはやっと理解して顔が真っ赤になります。
リンも顔を真っ赤にして
(今のが告白本番になっちゃったー)
と焦っておりました。

好きの理由
顔を真っ赤にして
(好きって…リンが…私のこと…)
と考えていたマコさん。
突然はっとなり
「やっぱ、リンが私のこと好きなはずないよ」
と言います。
「そりゃないですよ、マコさん」
と言うリンに
「私の好かれる要素が見つからない」
とマコさんは涙目で言いました。
(料理や片づけが出来ないのを思い出しています)

不安要素
「自分が信じられなくて」
「他のみんなも好きとかそういう」
とマコさんはリンの告白がまだ信じられないようです。
リンは
「それLIKE、俺のLOVE」
と続けて言います。

「年上だよ20歳だよ」
「高校生からしたらおばさんくらいに思うんじゃないの?」
「だらだらのぐだぐだゲーマーだよ」
と自分のマイナス要素を言うマコさん。

リンは幼いくらい思っており、やりすぎ注意と突っ込みつつも
「きっかけは一目惚れだったけど、この一年半好きになる一方でしたよ」
と言い
「マコさん大好きです、俺と付き合って下さい」
と顔を真っ赤にしながら言います。

リンは
(カッコつかねー)
と言った後にムードがない事に涙目になっていますが、
マコさんは顔を真っ赤にしながら

「本当に…、私なんかでよかったら…、私もリンのこと大好きです…」
と涙目で嬉しそうな笑顔を見せてくれます。
(2ページ1コマにて表されています)

リンは顔を真っ赤にしながら
「えっと…、じゃあ…その」
と手を差出します。
マコさんは顔を真っ赤にしながら
「ここからもよろしくお願いします」
と言いリンと手をつなぎました。

とっくに両思いだと思っておりましたが、本当にドキドキする内容でした。
次回72話では改めて付き合って二人はどの様な反応をするのでしょうか?
恥ずかしい所が更に増えそうですが楽しみです。

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.