最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

ブラッククローバー【ネタバレ】192話「二つの紅蓮の拳」感想!

投稿日:

ブラッククローバー 192話「二つの紅蓮の拳」【ネタバレ】

前回、影の王宮の中に入ったアスタ達はバラバラに別れてしまった。

アスタ・ミモザは偶然にも一緒の所に出てしまったわけだが、エルフに転生したリルと戦うと言う対戦カードになってしまった。

以前にアスタとリルが出会った時は友達になったのに、運命の悪戯なのか。

フレゴレオンの前に現れたエルフは、ゲルドルの代わりに「紫苑の鯱」の団長となった、”王国最強の盾”と言われたカイゼルだった。

エルフに転生したカイゼルを目の前にして、いかにも冷静にエルフに語り掛ける。

「カイゼル殿は、人徳と能力を兼ね備えた人物だ。表立つことを好まぬ性格ながら、部下たちの為に団長を引き受けられたのだろう」と、自分なりにカイゼルがどんな人物だったのか話し始めた。

カイゼルの家族の事も持ちだし、奥さんが心配している旨を伝えた。

帰りを待っている人の為にも「返してもらうぞ」と、フエゴレオンは怒号を放った。

フエゴレオンは新たに宿したサラマンダーの力を借りて、炎精霊魔法”サラマンダーの吐息”を発動させた。

その攻撃はカイゼルが使っていた渦魔法とエルフが持つ強大な魔力が合わさって、受け流されてしまった。

それだけでなく、先ほど発動させた渦が炎を巻き込むような形で広がる事で、防御から攻撃に形を変えて、フエゴレオンに襲い掛かってきた。

マナスキンを発動させていたフエゴレオンもダメージを受けるほどの威力で、更に魔力も流されている状況を戦況が良くないと判断した。

メレオレオナは元三魔眼のヴェットと死闘を繰り広げていた。

メレオレオナの攻撃で燃やされてようとも突っ込んでくるヴェットに、スピード・反射・パワーは「やるなクソガキ」と言い、ヴェットの戦闘能力を評価した。

対してヴェットも「人間の中にもこれほどの者がいたとはなぁ!」と言い、メレオレオナの強さを認めた。

「これぐらいのガキとのサシの勝負でこれだけ面白いのはあのときの…あの生真面目馬鹿以来だな」と昔のフエゴレオンとの勝負を思い出す。

カイゼルと戦っているフエゴレオンも、こちらの攻撃が当たる術(すべ)がない理不尽な強さに、『姉上を思い出すな』と昔のメレオレオナを思い出していた。

フレゴレオンから見たメレオレオナは、一緒に行動していた小さい頃から豪快で傍若無人と今と変わらない性格だった。

メレオレオナの天性の強烈な強さに憧れを覚えていた。

その逆もしかり、奔放さに苛立つ事もあったが、姉弟が師事していたテレジアがメレオレオナを「本能のままやらせときゃ勝手に強くなる。そういうタイプの天才さ」と言っていたのを聞いて、当時は姉に嫉妬していたのかもしれないと思った。

メレオレオナが「紅蓮の獅子王に入団しない」と聞いたフエゴレオンはメレオレオナに詰め寄る。

魔法帝になれるほどの実力があるのになぜかと問うと、「騎士団で警備や犯罪者の相手などしてられるか」と言って、フエゴレオンを黙らせた。

その時フエゴレオンは姉に「訓練の相手を…してもらってもよいでしょうか?」と申し出て、メレオレオナは「今日は本気で相手してくれるんだな?堅物…!」と答えて、訓練を了承した。

この姉弟の訓練は王族ヴァーミリオン家の長女と長男の大ゲンカとして認識され、その日に「焔血(えんけつ)の火曜日」と呼ばるほど激しい戦いとなったようだ。

再び、現在に戻ると、メレオレオナは「焔血(えんけつ)の火曜日」の事が脳裏によぎって「あの時のあの莫迦は滾ったな!」とその当時の事を思い起こしていた。

ヴェットも「おそらく貴様がこの国最強の人間だ」と言い、カイゼルも「オマエを倒せば残りの人間など取るに足りんだろう」と言い放った。

しかし、その言葉を聞いたフエゴレオンとメレオレオナは否定した。

フエゴレオンは『型破りで自由で何にも縛られない。滅茶苦茶だが目に焼き付く強さで皆に恐れられ未踏を行く』とメレオレオナの事を言う。

メレオレオナも『熱苦しく莫迦まじめで甚だ責任感が強く、洗練された模範的な強さで皆に慕われそれを導いていく』とフエゴレオンの事を言う。

そして、二人揃って、「あの人(ヤツ)こそ最強となるに相応しい!!!」と言い放った。

すると、フエゴレオンはサラマンダーを囮にして、自分の魔力を消し渦の感知を潜り抜け、メレオレオナはヴェットの攻撃をわざとくらい、その防御に使う魔力を次の一撃に乗せた攻撃はエルフ達に直撃した。

その時、フエゴレオンはそんな姉上の弟として、メレオレオナはあの莫迦者の姉として、「強くあらねばならん!!!」とお互いが強く思っている。

ブラッククローバー192話「二つの紅蓮の拳」 感想!

今回は、フエゴレオンとメレオレオナの姉弟の絆を感じ取れた回だったと思います。

性格的には正反対な自由奔放な姉・メレオレオナと、生真面目な弟・フエゴレオン。

けれど、お互いがお互いを尊敬している姿に感動しました。

お互いに相手が最強だと思っているからこそ、最後の一撃の時に相手に恥ずかしくないように戦わなければと思う事が、強さとなるのかなと思いました。

幼少期に姉弟に魔法を教えていたテレジアの言った通り、メレオレオナは本能のまま強くなっていったのかもしれない。

それを傍で見ていたフエゴレオンは、自分が姉みたいな天才でなくとも、努力して”紅蓮の獅子王”の隊長になったと思うと感動してしまいました。

敵も”王国最強の盾”と言われたカイゼルと、元三魔眼(サードアイ)でアスタの両腕を使いものにならなくさせたという強敵達だったのに、それを倒してしまった姉弟は凄いなと思いました。

エルフ達も隊長レベルの人達で魔力も半端なかったと思いますが、それを自分達の魔法で倒してしまう姉弟は凄く強いのだなと、改めて認識させられました。

ブラッククローバー193話 考察

今回ヴェットとカイゼルを倒しましたが、これでフエゴレオンとメレオレオナが次のステージに行ける事で合流への道が進んだなと思います。

次はまだやっていないノエルvsファナ、アスタ・ミモザvsリルの戦いも進展していくのかなと思いました。

どちらもエルフが隊長レベルの強さだったなら、苦戦を強いられることになるでしょうが、また乗り越えてくれると信じています。

またノゼルや、先に飛び込んだヤミ・ジャックの戦いも気になる所です。

次の展開も楽しみにしています。

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.