最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

ブラッククローバー【ネタバレ】200話「光の世界」感想!

投稿日:

ブラッククローバー 199話 あらすじ

 

ブラックエルフとなってしまったパトリは、悪魔の言霊魔法によりアスタ達を攻撃してきた。

 

予想以上のパトリの大魔法には圧倒されてしまったアスタ達でしたが、アスタとユノは自分達の力を信じて立ち向かっていった。

 

しかし、2発目の大魔法を放とうとパトリが魔力を凝縮させ、ピンチに陥ったアスタ達の元へ駆けつけたのはノゼル団長だった。

 

水銀魔法を緻密に操り、パトリの光魔法との相性が良い水銀魔法を使うノゼルは、ダークエルフとなり格段に強くなったパトリと互角以上の戦いをしていた。

 

ダークエルフとなったパトリが魔光魔法で攻撃しようとした最中、ノゼルは水銀創生魔法“刑戮の銀星”を発動させ、逆にパトリの魔光魔法を跳ね返す形で絶大なダメージを与えたのだった。

 

ブラッククローバー 200話 【ネタバレ】

 

ノゼルの魔法によってダメージを与えられたパトリを見ていたライアは、自分も駄目だと悟った。

 

しかし、ミモザがライアの事を懸命に魔法で回復させようと試みている所だった。

 

ライアがなぜか?とミモザにかすれた声で問いかけると、「死にそうな方を助けるのに、理由なんていりませんわ」と一喝されてしまう。

 

その姿からは目の前に助けられる人がいるのなら助けると言うミモザの信念のようなものが見てとれる気がした。

 

人間を毛嫌いしていたライアだったが、以前にも似たような形で助けられた時の事を思い出し、「だから関わりたくなかった」と呟いた。

 

一方、パトリに大ダメージを与えたノゼルは、水銀魔法で刃を作り出すと「トドメだ!」と鋭い目つきで言い放つ。

 

アスタはその流れじゃないと必死にノゼルを止めようとするが、空気を読めないノゼルは敵の首領なのだから討って当然と言い切った。

 

そこに冷静なユノが割り込み、パトリの身体は金色の夜明け団・団長のヴァンジャンスのものだと言った。

 

しかし、パトリとヴァンジャンスでは顔も魔力もあきらかに違うので、ノゼルは「どういうことだ?」とユノに問いかけた。

 

話の途中でアスタが勢いよく乱入し、自分なら元に戻せるかもと言い、「お任せください」とパトリの元へ向かって歩き出す。

 

それにはノゼルも「何を言っている?」と疑心暗鬼の様子だったが、アスタは気にしない様子でやらせてほしいと申し出た。

 

アスタがパトリに向かって剣をかざすと、今までとは桁違いのアンチ魔法の量に驚いた。

 

以前、行いの代償は払われると言われたのが脳裏を掠めたのと同時に、黒い闇の中にアスタは引き込まれてしまった。

 

突然の出来事に驚いたアスタだったが、そこがパトリの記憶や心を見えてしまう精神世界なのだとすぐに気付いた。

 

剣が吸い込んだ記憶や心の中の想いがアスタの中に流れ込んでくる、不思議な感じを体感した。

 

人間への憎悪や苦しみなどの負の感情が一気にアスタの中に流れ込んできたが、それと同時にパトリが魔法帝と対峙して、魔法帝が殺されてしまう場面も見せられてしまう。

 

その頃パトリは、精神世界の奥深くで1人、大樹の前で椅子に座り込んでいた。

 

そこには首領としてエルフ達を率いていた姿はなく、力の無い子供の姿で頭を抱えていた。

 

自分が騙されていた事実、選択を誤って多くの人を傷つけてしまった事への後悔、自分は選ばれていなかったと言う絶望、色々な感情が交錯していた。

 

人間は悪だと思い込んでいたパトリだが、本当にそうなのか?と言う疑問が湧き上がっていた。

 

ヴァンジャンスと分かり合えたのだからと自分に言い聞かせようとした時、人間は愚かで醜く許してはいけない悪の存在だと言う負の感情が一気に爆発した。

 

そこへ同じ精神世界に来ていたアスタが、パトリの元へたどり着いた。

 

悪魔に騙されたパトリに対してアスタは「信じていた光を見失って、いろんな感情でグチャグチャになってんのは分かった」とパトリの気持ちに一旦寄り添うように言い聞かせた。

 

「でも、だから俺は言う!!」と言い、「オマエのそれは逃げだ!」とハッキリとパトリに伝えた。

 

アスタは語尾を荒げながら、考えるのを放置して閉じこもるのは楽だが「諦めてんじゃねぇ」と、パトリを一喝した。

 

そう言われたパトリは「オマエに何が分かる、人間がぁぁー!」とアスタを怒鳴ったが、アスタも負けじと「人間、人間うるせー」とパトリに怒鳴った。

 

アスタは、さらに反論しようとしたパトリの胸倉を掴み「よくも魔法帝を殺したな!!」と詰め寄った。

 

「人々に慕われた凄い人を、俺たちの憧れを」と魔法帝への敬意の念を言葉にすると共に、人質にして魔法帝を殺めた事・転生によって罪のない人たちを傷つけた事を絶対に許さないと、アスタは怒りを露わにしていた。

 

そしてパトリを椅子から落とし、床へ押し付けるような態勢で「そこまでのことしていて、何だそのザマは!!」と言い放った。

 

取り返しのつかない事をしたからと、絶望して途中で投げ出すなと一喝すると、自分で決めた事なのだから最後まで踏ん張れと気合を入れる。

 

それでも放っておけと投げ出すパトリに対してアスタは「オレは“魔法帝”になる。だからオマエ達のことも諦めねー!!」と言い切ると、パトリの胸にもアスタの想いが届いたのかアスタに縋りつくようにしがみついた。

 

アスタの意識が現実世界に戻ると、ダークエルフとなっていたパトリの体は元に戻り、左目だけが黒く変化していた。

 

精神世界に閉じこもっていたパトリを現実世界に引き戻すことに成功したアスタに、パトリは「最後まで付き合ってもらえないか」と聞いてきたので、アスタは力強く応えた。

 

ブラッククローバー 200話 感想

 

今回は精神世界におけるパトリとアスタのやり取りに感動させられてしまいました。

 

アスタが剣をかざすと、パトリの精神世界に引き込まれ、今までパトリが抱いてきた負の感情がアスタの中に一気に流れ込んできました。

 

その時にアスタはパトリが背負ってきたものを感じ取っていたのかもしれないなと思いました。

 

パトリの記憶の一コマに魔法帝を殺める場面も当然あったのですが、アスタは不意に流れ込んできた記憶の中でその場面を見てしまったのだと思われます。

 

自分が目標にし、憧れていた存在の突然の死にどれだけ絶望してしまったのかは計り知れないですが、その怒りはパトリに向かったのは当然かなと思います。

 

しかし、許せないと言いながらも、そこまでの事をしておいてそのザマは何だ!とパトリを一喝した時のアスタの顔が頭から離れませんでした。

 

怒りと悲しみと色々な感情が交錯する中で、パトリに対して不貞腐れていないでもっと踏ん張れと言うエールとも取れる言葉を投げかけられる強さに、感動しました。

 

アスタの言葉にも放っておけと突き返すパトリに「オマエ達のことも諦めねー!」と言い切ったアスタは、絶望の淵にいたパトリにとって希望となったのかなと思いました。

 

ブラッククローバー 201話 考察

 

今回はノゼルにやられてしまったパトリが、正気を取り戻して戦う決意をした所で終わってしまいました。

 

もしかしたらダークエルフとしてまだ戦う意思があるのかと思っていたら、ノゼルの攻撃を受けてもぬけの殻のように動かなくなってしまったのは意外でした。

 

でもアスタの熱い思いを前にして、ようやく自分が今やるべきことが見えてきたのかなと思いました。

 

ここからはユノ・アスタ・ノゼル・パトリで悪魔を倒すないし封印する事に全力を尽くしていくのかなと考えます。

 

ライアの参戦もあれば良いのですが、悪魔の攻撃での代償は大きいようなので期待は出来ないかと思います。

 

ヤミ団長の行方が気になる所ではありますが、彼は彼なりにやることがあって動いているのかなと思います。

 

今後の展開を楽しみにしています。

 

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.