最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ランウェイで笑って【ネタバレ】59話「世界を旅する」感想!

投稿日:

ランウェイで笑って58話のあらすじ

ランウェイで笑って【ネタバレ】一覧

見事に予選を勝ち抜き、日本一の服飾大学・芸華大が主催する芸華祭ファッションショーへの出場を決めた都村育人。

無事に準備を終え、ショーが始まりました。

ですがイマイチ評価の伸び悩むショーが続きます。

そんな時、育人を敵視するライバル、木崎香留のショーで雰囲気は一変しました。

会場は割れんばかりの拍手に包まれたのです。

家族やライバル、多くの人の想いを背負って、ついに育人のショーが始まります。

[st_af id="678"]

ランウェイで笑って59話ネタバレ

育人の妹、ほのかの回想です。

「ほのか、じっとして」

幼い育人はほのかの採寸を行っていました。

その時家で流れていた曲は「September」という曲でした。

ほのかは昔から聞いていた思い出の曲「September」をトイレの中で聞き、心を落ち着かせようとしています。

帰ってこないほのかを心配する葵は、ほのかと同じく過去の思い出を振り返ります。

「あおいだから青い手袋作ったよ」

育人が葵にと青い手袋を作ってくれました。

ですが……

「その手袋兄ちゃんの手作りなの?」

「お前の兄ちゃん女かよ」

周りの子供たちからは不評でした。

幼い葵はせっかく育人が作ってくれた手袋を「こんなのいらない」と投げ返してしまいます。

そんな葵は今日、とっておきの青い靴で見に来ていました。

「姉ちゃん、戻ってこないな」

「なに、葵も緊張してるの?」

「緊張ー? あたしがぁ? どーかなー。自分の大会でも緊張しないし」

葵に母親が声をかけるも、葵は神妙な顔を見せます。

葵が回想していると、ほのかがトイレから帰ってきました。

「姉ちゃん変なのっ。情緒不安定じゃん」

「うるさい! もう大丈夫だから! 心、落ち着かせてきた」

葵とほのかの近くで、観客の会話が聞こえます。

「さっきの着物のコレクション、すごかったー」

「次の外部生ってなに?」

「さぁ? ゲスト的な?」

周りの声を聞いて、再びトイレに行きたくなるほのか。

「もう始まるからトイレは後――な」

葵がほのかの頭を撫で、落ち着かせます。

そんな時、会場に変化がありました。

ステージを照らすのは青い光。

流れてくるBGMは、先程までほのかが聞いていた「September」。

育人の家族は、これが育人のコレクションの始まりだとすぐに確信します。

ステージの裏側、控え室の方では千雪と心が一緒に行動していました。

「心、行こう」

「うん」

スマートフォンを操作する心に声をかける千雪。

その頃育人は、千雪との思い出を振り返っていました。

育人はずっと、千雪の背中を見てきました。

強くて、華やかで、いつしか育人はそんな千雪の姿に憧れていました。

心の中で、千雪が育人をトンと突き飛ばします。

かと思えば育人の背後から、「育人は私のライバルだから」と告げました。

「隣にこい」と言わんばかりに育人を手招きします。

育人は千雪の真横に立ちました。

「手加減とかしてないよね?」

「してないです」

「ほんとに? どんな風に?」

「見てからのお楽しみです」

「そっか――なら、行こう」

現実では、心が千雪の声に応じます。

その手に握られたスマートフォンには、育人からの受信メールが1件、表示されています。

そこにはこう書かれていました。

「頑張ります!」

ついに育人のコレクションが始まりました。

男女の垣根を超えた性の調和。

英国を思わせるタータンチェックとピンチェックのトーンオントーン。

そして、長身モデルがための、長身モデルにしか似合わないスタイリング。

その背景には英国の景色が浮かんでいるように見えます。

おそらく育人のコレクションは、服達は、世界を旅する……。

育人のコレクションに、観客から言葉が漏れます。

「かわいいね」

「私、普通にあれ、欲しいかも」

学長は育人のコレクションに満足げでした。

「一着目から溢れるコンセプト」

「育人ちゃん、やるわね」

「面白いコレクションが始まった」

育人のコレクションに、葵は思わず涙します。

そんな葵に気付き、ほのかが声をかけました。

「葵、何泣いてんの? さっきあんなに……私を煽ってきたくせに」

「私はさ、兄ちゃんに勝ってほしいんだよ。勝って、『私の兄ちゃんはすごいんだ』って言いたいんだよ」

「うん……っ」

「兄ちゃん……勝負してる。勝ちにいってるよ……!」

ほのかは葵の言葉に涙目で同意します。

「りぼんだー!」

いち花が、育人のコレクションにぱあっと顔を輝かせました。

[st_af id="680"]

ランウェイで笑って59話感想

いよいよ始まった育人のコレクション。

オープニングでは葵との思い出である「青色」を光として採用しました。

そこに、ほのかとの思い出である「September」という曲を組み合わせています。

そして、衣装にはいち花が大好きなリボンを取り入れています。

家族だからわかる、育人のコレクションの意味。

育人は家族のために頑張ると決意していました。

その思いが、家族との思い出を取り入れるという形で反映されているようですね。

育人の家族への想いが見てとれます。

母親も含め、家族全員が育人のコレクションを見に来る……

それが、育人にとってはよほど嬉しかったのでしょう。

特に母親は、ショーの準備期間か容態が急変し、生死をさ迷っていましたから。

母親の入院費用のために一度は諦めた舞台。

数々の奇跡が重なって迎えられた、芸華祭ファッションショーという一大イベント。

どうか育人にこれまでの苦労が報われてほしいと、願わずにはいられません。

一着目はなんと、英国を思わせる二種類のチェックを組み合わせた、長身モデルのための衣装でした。

一着目にしてしっかりと観客の心を掴み、学長の目を引いています。

外部生だからと甘く見ていた観客の目を一瞬にして奪い取りました。

実際はただステージを歩いているだけのモデルさん。

ですが観客には、その背後に英国の街並みがあるように見えます。

一つ前の木崎と同じで、コレクションのコンセプトがイメージとしてしっかり表現されているようですね。

[st_af id="680"]

ランウェイで笑って60話考察

次話タイトルは「勝ち気」
いよいよ本格的に始まった育人のコレクションに着目した話で間違いないでしょう。

育人のショーで披露される他の衣装がどのようなものなのか、気になりますね。

育人のコレクションはどのように進むのでしょうか?

育人の衣装を見た審査員は、どのように評価するのでしょうか?

ライバル達は育人のショーを迎えた今、どう動くのでしょうか?

次回も目が離せません。

【ランウェイで笑って】が面白い!漫画村じゃない無料で読む方法!

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで2017年からスタートし、現在も連載中の漫画になります。 作者は「猪ノ谷言葉」さん 単行本も現在5巻まで出ています。 少年誌にしては珍しいファッション業界を題 ...

週刊少年マガジンの最新号を無料で読む方法!!

毎週水曜日発売の週間少年マガジン この雑誌を無料で読むことができるなんてなんと素晴らしいことでしょうか! 海賊版サイトの閉鎖が相次ぐ中、 【立ち読みはどうなんだ?】 という議論もちらほら… まあ立ち読 ...

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.