最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年マガジン

ランウェイで笑って67話のネタバレと感想!「Dejavu」の内容は?

投稿日:

[st_af id="678"]

【ランウェイで笑って】が面白い!漫画村じゃない無料で読む方法!

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで2017年からスタートし、現在も連載中の漫画になります。 作者は「猪ノ谷言葉」さん 単行本も現在5巻まで出ています。 少年誌にしては珍しいファッション業界を題 ...

週刊少年マガジンの最新号を無料で読む方法!!

毎週水曜日発売の週間少年マガジン この雑誌を無料で読むことができるなんてなんと素晴らしいことでしょうか! 海賊版サイトの閉鎖が相次ぐ中、 【立ち読みはどうなんだ?】 という議論もちらほら… まあ立ち読 ...

ランウェイで笑って67話ネタバレ

ランウェイで笑って【ネタバレ】一覧

フィナーレを迎える千雪と心のショー。

それを見つめる心のマネージャー、五十嵐は、初めてオーダースーツを作った時の事を思い出していた。
「スーツがとてもお似合いです。」
「まるで、モデルのようです。」

憧れていたラーレフォーンのスタッフに、そう言われて、モデルを目指したんだった。
そして私はモデルにはなれた。
でも私はモデルとして成功しなかった。

藤戸千雪は私の‘過去’だ
無謀な大願を抱いた、凡庸な子供

そして ー 長谷川 心
お前は私の“夢”だった

千雪が風をコンセプトにした服を着てランウェイを歩く
空気をはらむ長い丈のホワイトドレス
シルクの軽さを的確に扱ったからこそ、で来るシルエットが美しい
学長は驚いていた
服は1着作るだけでもそれなりに時間がかかる
なのに、心ちゃんはすでに1人で14着
心ちゃん· · ·あなた· · ·

千雪が戻ろうとする
その時、ランウェイに上がったのはー

モデル 長谷川 心

一瞬でその場を呑み込む、圧倒的なオーラ
見る人すべてを魅了する、存在感
会場が息を止めた

ランウェイで、千雪と心がすれ違うとき、気づいた観客
「今まで歩いてのモデルって、こんなに小さかったの?」

なんでそんなこと· · ·
背の高いモデルと並ばせたら、今まで一人で歩かせてきた意味がないだろ?
千雪の身長に気づいてた審査員は、戸惑う
理由がわからない

ー 私には認めて欲しい人がいる ー
心は千雪にお願いをした
「お願いを許してくれたら· · ·私もランウェイを」
「許す!」
即答で快諾する千雪
「心が歩いてくれるなら、どんなお願いも些末な問題よ」

「才能主義の五十嵐を納得させるには、私がモデルの長谷川 心に勝つしかない。」
私が勝って、あんたをデザイナーにする!!

堂々とランウェイを歩く心
綺麗 カッコいい 賛辞が聞こえる
「同じ人間じゃないみたい」
「私が着る服より100倍綺麗に見える」
“ 場が呑まれた “

会場が心に呑まれていた
でも誰かが口を開いたら、その話で会場が埋まった

「でも、今まで小さいって気づかなかったの、凄いよね

「あの子何cmなんだろ?」
「ずっと見てたのにわかんなかった」
「存在感、すごかったよね」
会場中が千雪を評価していた。モデルとして認めていた。

「小さいモデルなのに、大きく見えた」

ランウェイで心が上着を脱ぐ。
その時、五十嵐と一緒に見ていた雫は気がついた。

「五十嵐· · ·」
「長谷川は、服を作り始めて半年そこららしい。

半年でここまで作れるようになるってのは、どんなもんなんだろうな」

きっと足掻いて 足掻いて

長谷川 ー 、お前は私の夢だったはずなのに。

「今はもう、がむしゃらに夢を追っていた“ 過去 ”にしか見えん· · ·」

ショーの前に心から渡された1着のスーツ。

「五十嵐さん。これと同じ服で、私· · ·芸華大のランウェイを歩きます。
捨てても構いませんから· · ·」
「1度着てみてくれませんか!?」
これが心が千雪にしたお願いだった。
「もう2着、服を作らせて欲しい」

そのスーツを着て、今、長谷川心のランウェイを見ている。
そしてそんな五十嵐に気づいた心。
目を見張る

「スーツが似合う女はモデルに向いてる」
「お前を世界一のモデルにしてやる」
この人は
初めて私のコンプレックスを評価してくれた人。
認めて欲しい人がいる ー

涙をこらえる心
「五十嵐さん· · ·ごめんなさい」

五十嵐は認めた
ー私の“心”が“千雪”に敗れたー
ー私の“夢”が“過去”に敗れたー

私の過去はなんだったのだろう
挑戦した事を後悔しているが、
諦めていたら後悔しなかったのだろうか。
その答えを 私は持ち合わせていない。

夢を追う心の姿に、過去の自分が重なり、立ち尽くす五十嵐。
心の作ったスーツは、確かに五十嵐を動かした。

[st_af id="680"]

【ランウェイで笑って】が面白い!漫画村じゃない無料で読む方法!

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで2017年からスタートし、現在も連載中の漫画になります。 作者は「猪ノ谷言葉」さん 単行本も現在5巻まで出ています。 少年誌にしては珍しいファッション業界を題 ...

週刊少年マガジンの最新号を無料で読む方法!!

毎週水曜日発売の週間少年マガジン この雑誌を無料で読むことができるなんてなんと素晴らしいことでしょうか! 海賊版サイトの閉鎖が相次ぐ中、 【立ち読みはどうなんだ?】 という議論もちらほら… まあ立ち読 ...

ランウェイで笑って67話「デジャブ」感想と68話「聴こえる」考察

今回はマネージャー、五十嵐の感情がよくわかるお話でしたね。

心ちゃんは、五十嵐の夢そのものだったんですね。

たからモデルを続けさせたかったし、世界一のモデルにしたかった。

でも、心ちゃんはデザイナーとしての自分の夢を選んだんですね。

その辺の葛藤が、よく分かるお話でした。

で、ですよ!
心ちゃん、ランウェイ歩きましたねー
やっぱり、オーラも存在感も、すごかったですね。

ここまでは予想できたのですが、千雪に対する評価が
思っていた以上に高かったのがびっくりでした。

心ちゃんがランウェイ歩いたら、観客全部持っていかれちゃうんじゃないかと心配もしていたんですが、いらない心配でしたね。

観客の皆さん、やっぱりちゃーんと千雪を見ててくれました。

今回の話の中で1番盛り上がるはずの心ちゃんのランウェイが、千雪への評価に呑まれていたようにも感じました。

これで千雪に自信つくといいですね。
そして、千雪にモデルとしてのチャンスがくるきっかけになればと願います。

あとは五十嵐の気持ちは決まっているようなので、心ちゃんがデザイナーとして夢を追えるようになればと思いますね。

そして次回。
「聴こえる」です。
何が聴こえるんでしょうね。

評価?賛辞?批評?
それとも· · ·未来への足音?
んー、来週も楽しみです。

【ランウェイで笑って】が面白い!漫画村じゃない無料で読む方法!

「ランウェイで笑って」は週刊少年マガジンで2017年からスタートし、現在も連載中の漫画になります。 作者は「猪ノ谷言葉」さん 単行本も現在5巻まで出ています。 少年誌にしては珍しいファッション業界を題 ...

週刊少年マガジンの最新号を無料で読む方法!!

毎週水曜日発売の週間少年マガジン この雑誌を無料で読むことができるなんてなんと素晴らしいことでしょうか! 海賊版サイトの閉鎖が相次ぐ中、 【立ち読みはどうなんだ?】 という議論もちらほら… まあ立ち読 ...

スポンサーリンク

-週刊少年マガジン
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.