最新まんがのネタバレ あらすじ 【女子部 ※男子歓迎】| 鬼滅の刃、ワンピースなど 無料で読もう

MANGAワン

週刊少年ジャンプ

Dr.STONE【ネタバレ】Z=89話「冒険者たち」感想!

投稿日:

Dr.STONE【ネタバレ】89話

空を飛んでいることに感動するクロム。千空はなぜ驚いているんだと不思議そうな顔をする。それを聞いていた龍水はヘリや自家用機は買い物でよく使うが気球は初めてらしい。しかし、そもそも日常生活で空を飛ぶのは龍水くらいだとあきれる千空。気球の周りにとりが集まり始め鳥と一緒に飛んでいることにクロムは感動しているがバードストライク(鳥の衝突)による事故は多いらしく、警戒している千空。龍水も鳥をかわそうとしているが妙なことに思ったよりも上昇が弱い。しかし、気球の操縦は風次第であり、まさに空の帆船であるためゴールまでは必ずたどり着くと意気込む龍水。ゴールってどこだ?とクロムは疑問に感じるがゴールは石神村だと千空らに告げられる。必死で歩いても2日はかかるぞ!と驚いているクロムだが気球を使えば2時間あればつくと千空らは言う。それを聞き、空の旅はこんなに簡単でやばいとクロムは言うが石神村方面(西側)への飛行は気球にとってとても難しく現在は低気圧をうまく使って西に移動していると龍水に教えられる。今回の移動が成功すればさらに西にある、石油探しの冒険も可能であるという証明になる。西への移動は難易度が高く、冒険のプロでなければ難しいため素人のクロムらには何もせずに龍水に任せておけという。冒険のプロというワードを聞いたクロムは自身を探索王と称しているため、龍水と張り合う。地上では地形が風を作ることを肌感覚で知っていると、乗り物ばかり乗ってる冒険家とは違うと言い放つ。そんな言い争いをしているさなか、前方にかなり巨大な積乱雲が現れる。気球の上部に空気のとおり穴を作り、下に逃げようとするが先ほどの鳥の大群にあった際に空いたであろう穴がすでに上部に空いており、これ以上空ければ墜落しかねない状態になる。逃げ道0の状態で三人は必死に逃げ道を考える。そんな中、クロムは急に積乱雲をぶち抜くしかねーと言い放つ。千空と龍水もその作戦に賛成し、気球のエンジンである火の中に復活液を投げ入れる。復活液はアルコールと硝酸の混合液のため激しく燃え上がり、その勢いで気球は積乱雲の中に突っ込む。すかさず今ある燃料をすべてボイラーにぶち込みついに積乱雲を抜け出すことに成功する。
 石神村にいるコハクは空を見上げていると何かが飛んでいることに気づく。それが近づいてくると千空らであることがわかり、大きく手を振る。
 気球の上ではクロムと龍水がお互いを冒険のプロと認め合い、タッチをかわす。
それを気球から落っこちそうになりながら見ている千空であった。

Dr.STONE89話の感想

 今回は空の旅でしたが早速、いろいろと問題が出てきましたね。まずは西への移動はかなり困難であるということ。今回はうまくいったものの、さらに西へとなると何かしらの問題が起きそうな予感がします。また、バードストライクも今回は小さなものでしたがこの時代には見たこともないような大きな鳥がいてもなんら不思議ではありません。大型の鳥を乗りこなす民族なんてのもあったりして。そして、今回の旅でついに最後の復活液がなくなってしましました。ということは爆発的な燃料は作ることはできるのでしょうか。また、積乱雲に遭遇したら逃げ切ることはできるのか?かなり不安なところではあります。合併号のため、来週はお休みですが再来週を期待しましょう。

スポンサーリンク

-週刊少年ジャンプ
-

Copyright© MANGAワン , 2019 All Rights Reserved.